ニュース
» 2009年02月06日 12時13分 UPDATE

コレガ、RAID-0/1対応のギガビットNAS「HDD BANK TERA α」

コレガは、RAID対応となるギガビットポート搭載NAS「HDD BANK TERA α」を発表した。

[ITmedia]
photo HDD BANK TERA α

 コレガはこのほど、RAID対応のギガビットポート搭載NAS「HDD BANK TERA α」を発表、2月中旬より発売する。価格は、1Tバイトモデルの「CG-NSC2100GT-1.0TB」が3万5175円、2Tバイトモデルの「CG-NSC2100GT-2.0TB」が5万3025円(ともに税込み)。

 HDD BANK TERA αシリーズは、計2基の内蔵HDDによりRAID-0/1動作をサポートしたNASで、ギガビット接続に対応。ホットスワップもサポートしており、RAID-1利用時にはHDD交換後に自動的にRAID再構成がなされる。

 ファン回転自動監視機能、およびHDD回転自動停止機能を備えた省エネ設計。また、RAIDコントローラにはPROMISE製コントローラを採用し安定性を高めている。

 DLNA/iTuneサーバ機能を装備。また、USBポートを利用したプリントサーバ機能や、簡易Webサーバ機能、FTPサーバ機能なども利用可能だ。本体サイズは146(幅)×213(奥行き)×85(高さ)ミリ(突起部含まず)、重量は約2キロ。

関連キーワード

ハードディスク | RAID | コレガ | NAS | DLNA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう