ニュース
» 2009年04月08日 12時58分 UPDATE

恵安製SSD「K-SSDS-VSM」シリーズにウイルス混入の可能性

恵安は、同社製2.5インチSSD「K-SSDS-VSM」シリーズにウイルス混入の可能性があると発表。無償点検を実施する。

[ITmedia]
photo K-SSD30S-VSM

 恵安は、同社製2.5インチSSD「K-SSDS-VSM」シリーズにウイルス混入の可能性があると発表した。

 対象となるのは、同社オリジナル製品として販売を行っていたSerial ATA接続対応の2.5インチSSD「K-SSD30S-VSM」「K-SSD60S-VSM」の2製品で、これらのうち「一部の商品でコンピュータウィルスに感染している可能性がある」と発表。出荷済みの商品に付いては、無償での点検を実施する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう