ニュース
» 2009年11月26日 21時22分 UPDATE

PC周辺機器から、“デジタル製品の周辺機器メーカー”へ:バッファロー、テレビ本体やNetbookに機能を“追加”する「デジタル周辺機器」発売 (1/2)

バッファローは、旧テレビに新型テレビと同等の機能を容易に追加するデジタル放送対応機器2機種を発表。HDDへの録画やネット連携機能を搭載し、“巣ごもり消費層”の獲得を見込む。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 「いろいろな機器がデジタル化され、便利になる反面、難しくなっている。これをPC周辺機器メーカーとして培った技術で、もっと簡単にできるのではないか──。ここにチャンスがあると考えている」バッファロー 事業本部市場開発事業部次長の荒木甲和氏

 「PC関連だけでなく、今後はデジタルライフ全体を積極的にサポートしていくべく、進化する」──。バッファローは11月26日、デジタル放送非対応テレビを録画機能付きのネット対応デジタルテレビに変える家庭用デジタルチューナー「Link Theater LT-H91DTV」とminiB-CASカードを採用したPC向け小型デジタル放送チューナー「ちょいテレ・フル DT-F100/U2」、2種類のデジタル放送関連機器を発表した。

 価格はLT-H91DTVがオープン/想定実売価格は2万6800円、DT-F100/U2が1万1500円。2009年12月上旬(DT-F100/U2は12月中旬)より順次発売する。


photophotophoto 既存のテレビへ、PCのように好みの機能を追加していく「デジタル製品の周辺機器」を推進していく(画像:左、中)。PC向けの“簡易”小型フルセグチューナー「DT-F100/U2」を手にするバッファロー 事業本部市場開発事業部デジタルホームマーケティンググループの山口勝寿氏

テレビ向け“周辺機器”「LT-H91DTV」、Netbook向け周辺機器「DT-F100/U2」

photo HDD録画機能やネット連携機能などを搭載しない、“少し古いだけ”のデジタルテレビユーザーなどに訴求する「Link Theater LT-H91DTV」

 外付け/据え置き型の家庭用テレビ向けデジタルチューナー「LT-H91DTV」は、地上デジタル/BSデジタル/110度CSの3波対応デジタルチューナーを1基内蔵し、HDMIやD3/D4、光デジタル音声出力などによるコンテンツ(番組)出力、USB接続型HDD増設による番組のHDD録画、DLNAクライアント機能、アクトビラ ビデオ・フルやテレビ版Yahoo!JAPANといった家庭用テレビ向けのネット利用機能、デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ内コンテンツの再生・ストレージ保存機能などを搭載。これら最新のネット対応テレビと同等の機能「だけ」を追加できる、テレビの周辺機器という位置付けで展開する。

 想定ターゲットは、日韓ワールドカップ(2002年)やアテネオリンピック(2004)などの時期にハイビジョンテレビを導入したユーザーを挙げる。テレビそのものの買い替え時期はまだだが、HDD録画機能やネット連携機能「だけ」を(テレビそのものを買い替えるより)安価に追加したい層へ訴求したいという。


photophotophoto 本体にHDDは内蔵しないが、PC用の外付けHDDを別途用意することでHDD録画機能を追加できる。コンテンツ配信機能を備えるネットワークメディアプレーヤー「Link Theater LT-H90WN」などとの連携や、DLNAサーバー機能を備えるハイビジョンレコーダー内コンテンツを共有できるDLNAクライアント機能なども備える
photophotophoto 電子番組表や録画予約なども、最近のHDD内蔵録画機能付きテレビなどと同等の使い勝手を実現する。ただ、シングルチューナー仕様なので、録画中の視聴チャンネル制限はある。すでにデジタル放送対応テレビを所持する想定されるユーザーとしては、本機を録画機能付きのもう1つのチューナーととらえて使用するイメージだろう。なお、地デジチャンネル切り替えは秒針読みで約3秒、そのほかリモコン操作時のメニュー反応速度など、操作全般がかなりもたつく印象を受ける
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.