ニュース
» 2010年03月04日 11時54分 UPDATE

日本HP、Athlon II X2搭載のエントリーボード型PC計2モデルをスペックアップ

日本ヒューレット・パッカードは、20型ワイド/18.5型ワイド液晶を搭載した液晶ディスプレイ一体型デスクトップPC「HP TouchSmart 300PC」「HP Pavilion All-in-One PC MS200」新モデルを発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは3月4日、20型ワイド液晶搭載のディスプレイ一体型デスクトップPC「HP TouchSmart 300PC」、および18.5型ワイド液晶を搭載した「HP Pavilion All-in-One PC MS200」の新モデルを発表、本日より順次販売を開始する(量販店モデルは3月11日より)。

photophoto HP TouchSmart 300PC(左)、HP Pavilion All-in-One PC MS200(右)

 HP TouchSmart 300PCの新モデルは、従来モデルをベースにCPUを最新のAthlon II X2 240(2.8GHz)に変更した。そのほかの使用は従来モデルをほぼ継承、ディスプレイはタッチスクリーン対応の20型ワイド液晶を内蔵。メモリは4Gバイト、HDDは640Gバイト、光学ドライブはDVDスパーマルチドライブを内蔵する。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入した。

 価格は、HP Directplusモデルの「1120jp」が9万9750円(税込み)。量販店モデルの「1130jp」が14万円前後、1150jpが16万円前後だ。

 HP Pavilion All-in-One PC MS200も同様に、従来モデルをベースにCPUを強化。搭載CPUをAthlon II X2 250u(1.6GHz)としている。液晶ディスプレイは18.5型ワイド液晶(タッチパネル機能は未搭載)、メモリは4Gバイト、HDDは320Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 7 Home Premium 32ビット版となっている。

 価格は、HP Directplusモデルの「220jp」が6万9930円(税込み)、量販店モデルの「221jp」が10万円前後。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.