特集
» 2010年11月16日 09時14分 UPDATE

システムへの負荷はどれくらい?:2011年版セキュリティソフト徹底比較(第2回) (1/4)

セキュリティベンダー7社の2011年版を徹底比較する本特集。第2回では、さまざまなテストを実行して各セキュリティソフトのパフォーマンスを比較していく。

[松岡宣,ITmedia]
og_sec2_001.jpg

 いくら高性能なセキュリティソフトであっても、PCの動作が極端に遅くなってしまっては使い物にならない。そのため、セキュリティソフトを選択する場合は、ウイルスの検出率や機能、価格などのほか、パフォーマンスも非常に重要な要素となる。今回は各セキュリティソフトをインストールした状態でさまざまなテストを実行し、パフォーマンスの低下率を比較していく。なお、評価した7製品の概要については第1回を参照してほしい。

 テスト環境は、基本システムにCore 2 Duo P8400(2.26GHz)+Intel GM45 Expressを採用したノートPCで、HDDはWestern Digitalの「WD3200BEVT」(320Gバイト)、メモリは4Gバイトを搭載している。OSは64ビット版のWindows 7 Businessをクリーンインストールし、適用可能な更新プログラムはすべて適用した。また、アプリケーションは必要最低限のもののみをインストールしている。

 なお、OSインストール直後は起動時間が安定しないので、安定するまで再起動を繰り返したのちに、デフラグを実行した状態をベースとして各セキュリティソフトをインストールしている。なお、測定結果を安定させるため、SuperFetchサービスは無効化している。

Windows 7の起動時間に与える影響

 最初のテストはWindows 7のブートにかかる所要時間だ。ここではWSHスクリプト(VBScript)をスタートアップ(レジストリの「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run」)に登録して、WMIから起動時刻を取得し、スクリプトの実行時刻との差で所要時間を計算している。テスト結果は、セキュリティソフトをインストール後、2回目の再起動から5回分のデータを使用した。

 ちなみに、WMIで取得できる起動時刻はWindows 7の起動開始から10秒ほど後だった。結果を見ると、最も高速に起動したのはウイルスバスター2011だ。速度低下率でいえば10.2パーセント遅くなったということになるが、未インストール状態との差は評価機で平均5秒程度であり、最短の起動時間と未インストール時の最長起動時間との差は1秒しかない。全体に極端な速度低下はなく、一番遅かったマカフィー2011でも低下率は37パーセント、平均で20秒差だった。

Windows 7の起動時間(分:秒) 未インストール NIS 2011 G Data 2011 PC Tools 2011 ESET V4.2 ウイルスバスター2011 KIS 2011 マカフィー 2011
1回目 0:56 1:09 1:08 1:03 1:04 0:58 0:59 1:13
2回目 0:53 1:09 1:08 1:04 1:03 0:57 1:01 1:13
3回目 0:53 1:05 1:13 1:03 1:04 0:57 1:02 1:12
4回目 0:51 1:07 1:09 1:02 1:04 1:01 0:59 1:12
5回目 0:52 1:11 1:10 1:01 1:03 0:59 1:05 1:13
最短 0:51 1:05 1:08 1:01 1:03 0:57 0:59 1:12
最長 0:56 1:11 1:13 1:04 1:04 1:01 1:05 1:13
平均 0:53 1:08 1:10 1:03 1:04 0:58 1:01 1:13
低下率 0% 28.7% 31.3% 18.1% 20.0% 10.2% 15.5% 37.0%
順位 - 5 6 3 4 1 2 7
og_sec2_002.jpg それぞれ5回実行したテストのうち、未インストール状態の最長起動時間とウイルスバスター2011の最短起動時間の差は1秒しかなく、優秀な結果だった

空きメモリ容量の比較

og_sec2_003.jpg ここで記録したのはタスクマネージャーの「パフォーマンス」タブで「利用可能」として表示されるメモリのサイズだ

 実際にWindowsを起動した場合、デスクトップが表示されてからしばらくの間は反応が鈍くなることが多い。これはスタートアップアプリケーションなどの実行により、ディスクへのアクセス量が多くなることが原因だ。そこでメモリ使用量の変動を確認してみた。ここではスクリプト開始直後の空きメモリと、5分後の空きメモリを記録している。なお、ここで記録した空きメモリはタスクマネージャーの「パフォーマンス」タブで「利用可能」と表示される容量を示す。これは未使用のメモリーサイズとキャッシュとして使用されているメモリサイズを合計した容量だ。

 未インストール状態と比べて、空きメモリの減少が少なかったのはNIS 2011とウイルスバスター2011だ。特にNIS 2011は5分後の空きメモリが未インストール状態と比較して約29Mバイトの差しかなく、非常にメモリ使用量が少ないといえる。また、最初の5分間に転送されるデータ量も少ないため、起動直後の速度低下も最低限になる。

 ウイルスバスター2011の場合は、最初の5分間に200Mバイト以上の空きメモリが減少するものの、5分後の空きメモリは未インストール状態と比べて約69Mバイト少ないだけだ。空きメモリが多くなれば、それ以降は快適に利用できる。

 これに対し、5分後の空きメモリが比較的少ないのは、G Data 2011とPC Tools 2011だった。特にPC Tools 2011では起動直後から5分後までの間に375Mバイトのメモリが減少してしまう。そのため、起動してからしばらくの間は、反応の悪い状態が続く。また、KIS 2011の場合は、空きメモリ自体は比較的多いものの、最初の5分間で約219Mバイトの空きメモリが減少するため、起動直後はやや反応が鈍くなる場面が多くみられた。

空きメモリの比較(MB) 未インストール NIS 2011 G Data 2011 PC Tools 2011 ESET V4.2 ウイルスバスター2011 KIS 2011 マカフィー 2011
起動直後の空きメモリ 3373.5 3303.3 3108.0 3312.5 3282.9 3350.2 3315.8 3185.1
5分後の空きメモリ 3214.3 3185.5 2923.5 2937.5 3108.8 3145.6 3097.1 3071.0
順位 - 1 7 6 3 2 4 5
未インストール状態からの空きメモリ減少量(起動直後) 0.0 -70.3 -265.5 -61.0 -90.6 -23.3 -57.8 -188.5
未インストール状態からの空きメモリ減少量(5分後) 0.0 -28.8 -290.9 -276.8 -105.5 -68.7 -117.3 -143.3
5分間のメモリ減少量 -159.2 -117.8 -184.5 -375.0 -174.1 -204.6 -218.7 -114.1
og_sec2_004.jpg Windows 7の起動完了から5分経過した段階で、NIS 2011と未インストール状態の空きメモリの差は約29Mバイト。IEのウィンドウを1つ開いた分ぐらいの差しかない

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.