レビュー
» 2011年06月24日 17時50分 UPDATE

俺が使えればそれでいいんだああ!:超私的な視点における「Happy Hacking Keyboard Professional Type-S」レビュー (1/3)

“HHK”こと「Happy Hacking Keyboard」は、「小さい!」「高額!」「刻印がない!」と、そのクセの強さが注目されるが、その真価は「Fnキー」に!ある!

[長浜和也,ITmedia]

3万円出しても買いたいキーボード、それが“HHK”

 「Happy Hacking Keyboard」は、大枚はたいても買いたくなる唯一の、とはいわないけれど、数少ないモデルだ。このキーボードに一度“とりつかれる”と、もう、ほかのモデルは使うことができなくなるという。そういう熱烈なユーザーたちが「HHK」という3文字のアルファベットで呼ぶと、なにか得体の知れない“伝説”のキーボードという雰囲気すら漂ってくる。

 そのHappy Hacking Keyboardシリーズを1996年から販売しているPFUから、2011年の6月に最新モデルとして「Happy Hacking Keyboard Profesional Type-S」シリーズが発表された。ASCII配列の「PD-KB400WS」とJIS配列で独立したカーソルキーを用意した「PD-KB420WS」、そして、ASCII配列でキートップが“無刻印”の「PD-KB400WNS」が登場する。すべて“白”モデルで、ツウが喜ぶという黒モデルはない。

kn_hhks_01.jpgkn_hhks_02.jpg 静音性能が向上したという最新モデル「Happy Hacking Keyboard Profesional Type-S」(写真=左は、白モデルのみで、評価に使ったASCII配列の「PD-KB400WS」のほか(写真=左)、JIS配列の「PD-KB420WS」とASCII配列で無刻印の「PD-KB400WNS」が登場する

 1996年に登場して、その小さなサイズと約3万円という実売価格が注目された初代モデルから始まったHHKシリーズは、現在、そのハイエンドコンセプトを継承する“Professonal”と、価格を1万円以下にして購入しやすくした“Lite”に分化している。いずれにしても、独立したファンクションキーを持たず、機能キーの多くはFnキーとのコンビネーションで使うことを前提とした独特のレイアウトと、キーピッチ19.05ミリを確保しながらもキーボード本体のサイズを約294(幅)×110(奥行き)×40(高さ)ミリという、日本古来のソロバンに近い小型サイズは、HHKのほとんどのモデルに継承されてきた。ただ、JIS配列準拠のモデルでは、ユーザーの要望に応じて、独立したカーソルキーを右下に搭載している。

 また、PC本体との接続はPS/2からUSBに変更され、キーボード内部にUSBハブ機能も統合するなど、PCの周辺機器事情と規格の進化に合わせた変更もだいぶ以前に済んでいる。本体のカラーも、PCが事務機として認識されていたころに主流だった“黄色っぽい”白から、Mac対応モデルが登場したタイミングで、スノーホワイトという、“黄ばんでない新品のワイシャツ”のような白に変わっている。

 背面のディップスイッチで“白いひし形”が刻印されたコマンドキーに別なキーをアサインできる、21世紀のHHKユーザーには当たり前の機能も、前世紀からのHHK持ち(いまだ残っているならば)には、「左の白いひし形にFnキーを割り当てたら、使いやすくなるんじゃがのうぅ」と垂ぜんモノであったりする。

kn_hhks_03.jpgkn_hhks_04.jpg 背面にはキーアサインを変更できるディップスイッチと2基のUSB 2.0、mini USBを搭載する(写真=左)。底面にはディップスイッチとキー割り当ての組み合わせ表と2段階で高さを調整できるスタンドを用意する(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.