ニュース
» 2011年07月14日 20時31分 UPDATE

USBハブ機能と音声入出力も搭載:ロジテック、フルHD出力に対応したUSBディスプレイアダプタなど2製品

ロジテックは、USB接続のディスプレイアダプタ「LDE-FX015UHA」と「LDE-SX015UHA」を7月下旬より発売する。ノートPCで手軽にマルチディスプレイ環境を構築したい人に。

[ITmedia]
og_logitec_001.jpg ディスプレイアダプタにUSBハブ機能と音声入出力を搭載

 ロジテックは7月14日、USB 2.0接続のディスプレイアダプタ「LDE-FX015UHA」と「LDE-SX015UHA」を発表した。同社オンラインストア価格は、LDE-FX015UHAが1万1800円、LDE-SX015UHAが7980円。7月下旬より発売する。

 いずれもUSBバスパワー駆動が可能なディスプレイアダプタで、手軽にマルチディスプレイ環境を構築できるのが特徴。LDE-FX015UHAは、DVI-I出力を搭載し、最大1920×1080ドット表示に対応、LDE-SX015UHAはアナログRGB出力を搭載し、最大1600×900ドットでの出力をサポートする。複数のアダプタを使用して最大6台までのディスプレイに同時接続できる(Mac OSは4台まで)。

 そのほかの仕様は共通で、キーボードやマウスを接続できる2基のUSB 2.0ポートと、音声入出力端子を搭載。本体サイズは105.6(幅)×78.6(奥行き)×24.3(高さ)ミリ、重量も約88グラムとなっている。対応OSは、Windows XP/Vista/7、およびMac OS X 10.4.11以降(OS X 10.7 Lionは後日のドライバアップデートで対応予定)。

og_logitec_002.jpgog_logitec_003.jpg DVI-I出力を搭載する「LDE-FX015UHA」(写真=左)とアナログRGB出力の「LDE-SX015UHA」(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう