ニュース
» 2011年09月09日 13時41分 UPDATE

アスク、ECSの「A55」チップセット搭載マザーボード

アスクは、ECSのマザーボード「A55F-M2」の取り扱いを開始する。出荷開始は9月中旬で、実売予想価格は6000円前後の見込みだ。

[ITmedia]

Llano/Lynxが使える6000円マザー

 「A55F-M2」は、AMDのFusion APUでデスクトップ向けモデルの“Llano/Lynx”Aシリーズに対応するA55チップセットを搭載したマザーボードだ。micro ATXフォームファクタに準拠する。メモリスロットはDDR3対応が2基でDDR3-1866まで対応。

 拡張スロットは、PCI Express x16対応が1基、PCI Express x1対応が2基、PCI対応が1基の構成。また、Serial ATA 3Gbps対応インタフェースを6基備えて、RAID 0、1、10の構築が可能だ。

 オンボードには、サウンドコントローラのALC662、ギガビット対応有線LANコントローラのRTL8111Eなどを実装する。

 バックパネルに用意したインタフェースは、8基のUSB 2.0、有線LANのほか、映像出力として、DVIとアナログRGBがある(海外向けモデルではアナログRGBとHDMIの構成)。

kn_ecsa55_01.jpg A55F-M2

関連キーワード

マザーボード | アスク | AMD Fusion | Llano | microATX


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう