ニュース
» 2011年12月13日 21時25分 UPDATE

パイオニア、BDXL6倍速記録対応の内蔵BDドライブ

パイオニアはBD-Rの12倍速書き込み、BDXLの6倍速書き込みに対応した内蔵型BDドライブ「BDR-207JBK」を発売する。

[池田憲弘,ITmedia]
photo BDR-207JBK

 パイオニアは12月13日、内蔵型BDXL対応Blu-ray Discドライブ「BDR-207JBK」を発表した。BDXL対応PC用ドライブとしては初めて(2011年12月13日現在、同社調べ)、Blu-ray Discへの12倍速書き込みとBDXL(記憶層が3層、または4層のBlu-ray Disc)への6倍速書き込みに対応する。発売は2012年1月上旬で、価格はオープン。想定実売価格は1万8000円前後。

 記録速度は1層/2層BD-R12倍速書き込み、3層/4層BD-R6倍速書き込みのほか、BD-RE2倍速書き換え、2層DVD±R8倍速書き込み、1層DVD±R16倍速書き込み、DVD-RAM5倍速書き換えなどをサポートする。インタフェースはSerial ATAだ。

 動作ピーク時の電力消費量を抑える省電力モード「PEAK POWER REDUCER」を備えるほか、データ読み出しの際に発生する、光学メカニズム部で発生する信号のノイズをクリアにする「リミットイコライザー」を搭載する。

 Blu-ray 3Dの再生に対応した再生ソフト「PowerDVD 10」、BD-MVとAVCHDに対応するオーサリングソフト「PowerProducer v5」、ライティングソフト「Power2Go 7 for PURE READ」、バックアップソフト「PowerBackup v2」などが付属する。本体サイズは148(幅)×180(奥行き)×42.3(高さ)ミリで、重量は750グラム。

関連キーワード

BDXL | Blu-rayドライブ | パイオニア | PowerDVD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう