ニュース
» 2011年12月15日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、4画面表示をサポートしたSandy Bridge-E搭載デスクトップ

マウスコンピューターは、金融機関やサイネージ分野向けとなるマルチディスプレイ構成対応デスクトップPC計2製品の販売を開始する。

[ITmedia]
photo MDV-AGQ9300B-TeTra

 マウスコンピューターは12月15日、マルチディスプレイ構成に対応したデスクトップPC計2製品「MDV-AGQ9300B-DUAL」「MDV-AGQ9300B-TeTra」を発表、本日より販売を開始する。標準構成価格はそれぞれ12万9990円/18万4800円(税込み)。

 2製品はともに、金融機関やサイネージ分野などでの利用を想定したマルチディスプレイ出力対応のデスクトップPCで、それぞれグラフィックスカードとしてNVS 300/Quadro NVS 450を搭載し1920×1200ドット×2面/4面出力をサポートした。

 CPUはCore i7-3930K(3.2GHz)を搭載。メモリはDDR3 16Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵した。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう