ニュース
» 2012年03月30日 16時30分 UPDATE

Readerにうれしいアップデート、紀伊國屋書店からの直接購入が可能に

ソニーは電子書籍リーダー端末「Reader」のソフトウェアアップデートを実施。EPUB対応およびWi-Fi機能を利用した「紀伊國屋書店BookWebPlus」からの直接購入が可能となった。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigr.jpg 今回のアップデートでPRS-G1/T1には紀伊國屋書店のeBookストアのアイコン「紀伊國屋書店」が追加され、端末からの直接購入が可能になる

 ソニーは3月30日、電子書籍リーダー端末「Reader」のソフトウェアアップデートを提供開始した。EPUB対応およびWi-Fi機能を利用した「紀伊國屋書店BookWebPlus」からの直接購入・ダウンロードが可能となっている。

 今回のアップデートは、3G+Wi-Fiモデルの「PRS-G1」、Wi-Fiモデルの「PRS-T1」、そのほか「PRS-350」「PRS-650」といった現在国内で販売されている4機種すべてに自動アップデートの形で提供される(手動でのアップデートも可能)。

 アップデートにより全モデルでコミックに代表される固定レイアウト型のEPUB3形式のコンテンツに対応した。Reader Storeでは2011年10月からEPUB3形式の書籍販売を開始しており、現時点の同形式のコンテンツ総数は約1450点(内訳:書籍1点、コミック約350点、雑誌約1100点)。

 また、Wi-Fiを搭載する「PRS-G1」「PRS-T1」では、利用可能な電子書籍ストアに「紀伊國屋書店BookWebPlus」が新たに追加され、「Reader Store」のほか、すでに対応していた「楽天イーブックストア(Raboo)」の3ストアを利用可能になった。紀伊國屋書店BookWebPlusはWi-Fi接続のみ利用でき、3G接続では利用できない。

 ソニー、楽天、紀伊国屋書店、パナソニックの4社は2011年6月に電子書籍サービスの利便性向上に向け、それぞれが提供する電子書籍端末や販売ストアの相互接続を行っていくことを発表している。同年10月には紀伊國屋書店BookWebで販売されるコンテンツをReaderでも閲覧できるようになったが、PCを介してコンテンツをReaderに転送する形での対応となっていた。Rabooについては、2011年12月のアップデートでReaderからの直接購入が可能となっている。今回のアップデートでWi-Fi機能を備えるモデルは3ストアからの直接購入・ダウンロードが可能になり、非常に使い勝手の良い端末になったといえる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう