ニュース
» 2012年06月04日 10時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:最上位モバイルが待望のIvy Bridge世代に、15周年特別カラーも──「VAIO Z」 (1/2)

フルHDディスプレイも選択できる13.1型サイズの最上位モバイル「VAIO Z」シリーズは、デザインそのままにCPUを第3世代Core iシリーズに刷新し、PMDは別売りとなった。

[ITmedia]

CPUを第3世代Core iシリーズに刷新+バッテリー動作時間もやや延長、PMDは別売りに

photo 「VAIO Z」店頭モデル(SVZ13119FJB)

 薄型軽量ボディと高パフォーマンスを両立する最上位モバイルノートPC「VAIO Z」シリーズは、前モデルのデザインを継承しつつ、基本システムをインテルの第3世代プロセッサー・ファミリーとIntel 7シリーズに刷新し、パフォーマンスをより向上させた。

 店頭販売向けの標準仕様モデルは「SVZ13119FJB」の1機種。従来と同様に、購入時に仕様をカスタマイズできるソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルも用意する。発売は2012年6月9日、店頭モデルのSVZ13119FJBの価格は実売約17万円と予想される。

 主な仕様は、標準電圧版のCore i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz)+Intel HM77 Expressの組み合わせに、1600×600ドット表示の13.1型ワイド液晶ディスプレイ(VAIOディスプレイプレミアム)、4Gバイトのメインメモリ、128GバイトSSD(64Gバイト×2/RAID 0)など。なお、従来モデルに標準で付属した光学ドライブ+外部グラフィックス+インタフェースを実装する外付けのドッキングステーション「Power Media Dock」は今回の夏モデルより別売りとなった。Power Media Dock装着時はRadeon HD 7670M(グラフィックスメモリ1Gバイト)、非装着時はCPU統合のIntel HD Graphics 4000がグラフィックス仕様となる。


photo 「Power Media Dock」は店頭モデルでも別売りオプションとなった。VGP-PRZ20C/Bは実売約3万9800円となる

 Power Media Dockは上記の外部GPUに加え、光学ドライブ、USB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMI出力×1、アナログRGB出力×1、1000BASE-T対応有線LANポートを実装する。光学ドライブにBlu-ray Discドライブを採用する「VGP-PRZ20A/B」、同じくDVDスーパーマルチドライブを採用する「VGP-PRZ20C/B」の2種類を用意する。

 本体サイズは330(幅)×210(奥行き)×16.65(厚さ)ミリ、重量は約1.17キロ。Power Media Dockは148(幅)×220(奥行き)×16.65(厚さ)ミリ、重量は約685グラム。

 バッテリー動作時間は約9.5時間。前モデルの同約9時間より若干動作時間を延長し、同約18時間動作の拡張シートバッテリーも用意する。このほか、すぐ復帰/スリープ状態の長時間キープを両立するスタンバイ機能「Rapid Wake+eco」を新たに搭載。Intel Rapid Storage Technologyに加え、ソニーオリジナルのキャッシュでデータを保持するデータ保護ソリューションを用意し、ディスプレイオープンと連動した高速復帰、スリープ状態で長時間のバッテリー持続などを実現する。

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/n準拠のデュアルバンド(2.4GHz/5GHz)無線LAN(最大300Mbps)、WiMAX(モジュール仕様は下り最大28Mbps/上り最大8Mbps)、Bluetooth 4.0、1000BASE-T対応有線LAN。インタフェースはUSB 3.0(USB charge port機能付き)×1、Power Media Dock接続兼USB 3.0×1、HDMI出力、アナログRGB出力、ヘッドフォン出力、有効画素数131万画素のExmor CMOSセンサー搭載Webカメラ、指紋センサー、メモリースティック デュオスロット(PRO-HG対応)、SDメモリーカードスロット(SDHC/SDXC/UHS SDR50対応)を搭載する。

 OSはWindows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートはOffice Home and Business 2010(SP1)、このほかマルチメディアファイル編集ソフトウェア「Imagination Studio Suite」などもプリインストールする。

VAIOオーナーメードモデルは、プレミアムカラー、クアッドコア上位CPU、フルHD液晶などにカスタマイズ可能

 フルカスタマイズに対応するVAIOオーナーメードモデルは、より上位のCPU、フルHD(1920×1080ドット)表示の液晶ディスプレイ、カラーバリエーション、Xi(LTE)モジュール、指紋センサー、TPM、ノイズキャンセリング機能、OSエディションなど、構成パーツやプリインストールソフトウェア、保証内容を広範囲にカスタマイズできる。

 今回の夏モデルは、VAIO15周年記念のプレミアムカラー「グロッシープレミアムカーボン」を用意する。表面/底面ともにカーボンのへアラインと光沢コートを施した特別仕上げに、さらにブラックカラーのヒンジに「15th ANNIVERSARY COLLECTOR'S EDITION MADE IN AZUMINO, JAPAN」の刻印が施される。

photophotophoto VAIO15周年記念のプレミアムカラー「グロッシープレミアムカーボン」

 CPUはCore i7-3612QM(2.1GHz/最大3.1GHz)、Core i7-3520M(2.9GHz/最大3.6GHz)、Core i5-3320M(2.6GHz/最大3.3GHz)、Core i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz)、Core i3-3110M(2.4GHz)より、メモリも8Gバイト(4Gバイト×2)、6Gバイト(4Gバイト+2Gバイト)などより選択可能。ストレージは 512GバイトSSD(256Gバイト×2)、256GバイトSSD(128Gバイト×2)、128GバイトSSD(64Gバイト×2)より選択でき、Serial ATA 6Gbpsの第3世代SSD RAIDを採用する。

 液晶ディスプレイは1920×1080ドット(フルHD)表示+低反射コートの13.1型ワイド液晶をラインアップ。キーボードは英字配列/日本語配列カナなし、バックライトの有無などを選択できる。

 通信機能は、最大450Mbpsの3×3 MIMO対応IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX+IEEE802.11a/b/g/n無線LANなど、さらにLTE(Xi)+GPSモジュールも搭載可能だ。Power Media Dockについては、従来通り、なし/Blu-ray Discドライブ仕様/DVDスーパーマルチドライブ仕様を用意する。

 OSは、64ビット版のWindows 7 Ultimate(SP1)やWindows 7 Professional(SP1)のほか、Adobe CS5.5+LightRoom(BASE)+PSE+Windows 7 Ultimateを組み合わせた選択肢も用意した。

photophotophotophoto カーボンブラック、ゴールド、シルバー、ブラックのカラーバリエーションも用意する。CTO価格はプレミアムグロッシーカーボンが通常モデルのプラス1万円、カーボンブラックがプラス5000円

VAIO Zシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO Z SVZ13119FJB (ブラック) 0スピンドル 新CPU、ドックを別売に Core i5-3210M (2.5GHz/最大3.1GHz) 4GB (DDR3) 128GB (SSD RAID 0) 64ビット版7 Home Premium (SP1) 17万円前後
VAIO Zシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO Z SVZ13119FJB (ブラック) 13.1型ワイド 1600×900 Intel HM77 CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.17キロ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.