ニュース
» 2012年08月02日 13時00分 UPDATE

開発者は8月15日から入手可能:Windows 8のRTM完成、OEMへの提供開始

Windows 8の開発とテストが終了し、製品版(RTM)がリリースされた。一般向けの発売に先立ち、アプリの開発者などに向けてダウンロード提供を開始する。

[池田憲弘,ITmedia]

 米マイクロソフトは8月1日(現地時間)、次期OS「Windows 8」がRTM(製造工程向けリリース)になったと発表し、OEMパートナー向けに提供を開始した。

 一般向けの製品は2012年10月26日に発売するが、開発者向けコミュニティー「MSDN」「TechNet」の加入者には、2012年8月15日にダウンロード提供を開始。ソフトウェアアシュアランス(SA)プログラムに加入する法人顧客には、2012年8月16日よりEnterprise版のダウンロード提供を開始する。

 OS単体の価格は未発表だが、日本マイクロソフトは、2012年6月2日から2013年1月末までに、Windows 7搭載PCかWindows 7のDSP版を新規で購入したユーザーに対し、Windows 8 Proへのアップグレード版のダウンロード製品を1200円で提供する優待プログラムを実施している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう