ニュース
» 2012年08月24日 10時50分 UPDATE

VMware、“Windows 8”対応をうたったMac用仮想化ソフト「VMware Fusion 5」を発表

アクト・ツーは、Mac OS X用仮想化ソフト「VMware Fusion」シリーズの最新版を発表。ゲストOSとしてWindows 8をサポートする。

[ITmedia]
photo VMwareFusion 5

 アクト・ツーは8月24日、Mac OS X用仮想化ソフト「VMware Fusion」シリーズの最新版「VMwareFusion 5」を発表、ダウンロード販売を開始した(パッケージ版は9月下旬の予定)。価格はダウンロード版/パッケージ版ともに4900円だ。

 今回のバージョンではMac OS X 10.8“Mountain Lion”に正式対応したほか、Retina搭載モデルの解像度にも対応。またゲスト側OSとして、Windows 8のインストールも可能となっている。

 ほか、Linuxの3D Desktopへの対応やスナップショットの改良など、動作面でのチューニングもなされている。対応OSはMac OS X 10.6.7以降。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう