ニュース
» 2012年12月01日 15時58分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:1000円以下でそろえる「GO! GO! マイナー規格!」な特価品 (1/2)

フェイス秋葉原本店で「Power eSATA」関連グッズの特価品が並んでいる。「対応環境がそろえば便利」と言われた規格だが、いまなら1000円以下で整えられる。汎用性は必ずしも正義ではない!

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

「一式そろえられれば、全然悪くないですよ」――Power eSATA関連パーツ

og_akibatokka_001.jpg フェイス秋葉原本店の「GO! GO! マイナー規格!」コーナー

 今週末(11月30日)の特価品で異彩を放っていたのは、フェイス秋葉原本店のレジ前に並ぶPower eSATA関連パーツだ。「GO! GO! マイナー規格!」と書かれたPOPを掲げ、初期不良1週間保証のみで売り出している。

 ラインアップは、PCI接続のPower eSATAカード「DF-6020DU」と、同じくPCI-Express x1接続の「DF-3531DU」、Power eSATAコネクタをSATA+SATA電源コネクタに変換するケーブル「SATA22C-DPWEUC-150」の3種類。2種類のインタフェースカードには、シリコンイメージのSATA 2.0コントローラー「SIL3512」が載せられている。価格はすべて300円だ。

 Power eSATAは、SATAの外部機器接続規格「eSATA」に電源供給機能をプラスしたもので、本来ACアダプタなどで外部給電が必要な周辺機器でもPCと1本のケーブルでつなぐだけで使えるようになる。USB機器のような手軽さとSATAの高速な転送環境が両立できるのが強みだが、利用するにはPC側と周辺機器側、およびケーブルをそろえる必要があり、それらがほとんど出回っていないのが現状だ。

og_akibatokka_002.jpg Power eSATAカード「DF-6020DU」と「DF-3531DU」

 同店は「数年前に話題になりましたが、全然ラインアップが増えないうちに高速なUSB 3.0規格に対応する製品がどんどん出るようになり、商業的には完全にコケてしまいました。それでも、ここで一式そろえれば便利に使えると思います。Power eSATAカードとSATA+SATA電源への変換ケーブルがあれば、普通の内蔵用SATAドライブにつなげられますしね。一式そろえるのに600円で済むなら、けっこうお得だと思います」と話していた。

 内蔵用HDDをそのまま外付けHDDとして使ったり、セットアップの際だけ内蔵用光学ドライブをつなげるといった使い道にうまみを感じる人は、いかが?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.