ニュース
» 2012年12月03日 12時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:純正NUCベアボーンで示したインテルの意気込みがすごい (1/4)

前回リポートした10センチ角のNUCマザーを搭載する超小型の自作キットが早速インテルから売り出されている。その箱を開ければ、インテルの本気っぷりが伝わってくる。

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

「全部込みで5万円も可能です」 手の平サイズの「DC3217BY」と「DC3217IYE」が登場

og_akiba_001.jpg インテル「DC3217BY」と「DC3217IYE」。赤いほうがThunderbolt対応のDC3217BYだ

 11月後半にNUC(Next Unit of Computing)に準拠した10センチ角のマザー「BLKD33217CK」と「BLKD33217GKE」がインテルから登場して話題を集めたが、先週はそれらを組み込んだベアボーンキットが登場している。ラインアップは2種類だ。

 Thunderbolt対応のBLKD33217CKを組み込んだ「DC3217BY」は3万円強〜3万3000円前後、デュアルHDMI端子とギガビットLANが使えるDC3217IYEを載せた「DC3217IYE」は2万8000円弱〜3万円前後だ。どちらも週末までに初回入荷分を売り切るショップが複数あり、アキバ全体の在庫はやや品薄といえる。

 2台のサイズは116.6(幅)×112(奥行き)×39(高さ)ミリで、65ワット供給のACアダプタを付属する。ドライブベイは非搭載だが、2基あるDDR3 SO-DIMMスロットにメモリを挿し、mini-PCI ExpressとmSATA兼用スロットにSSDを装着するなどして、OSをインストールすればPCとして利用できる。そのほか、マザーボードの仕様により、ハーフサイズのmini-PCI Expressスロットも活用可能だ。CPUがデュアルコアの「Core i3-3217U」で、チップセットがQS77 Expressなのも2台共通。

og_akiba_002.jpg ツートップ秋葉原本店の「DC3217IYE」POP。すでに金曜日時点で売り切れていた

 入荷したツートップ秋葉原本店は「VESAマウントブラケットも同梱しているので、液晶のウラに固定して一体型マシンが簡単に作れます。普通に構成して5万円程度でマシンが作れるので、Webブラウジングやメールのやりとりをするサブマシンを求めている人はちょうどいいモデルだと思います。外付けHDDをつなげばファイルサーバ的な使い方もできますしね」と評価する。

 2台の売れ行きは、ショップによってバラバラだった。パソコンハウス東映は「実用面でいえば2基のHDMIとギガビットLANが使えるDC3217IYEで決まりですが、Thunderboltが試せる手ごろなマシンとしてDC3217BYに注目している方もいらっしゃいます。目的ごとに選択肢がきっちり分かれている印象ですね」と話していた。

 そして、この2台を含めたNUC関連パーツの期待値がアキバ全体で高まっているのも見逃せない。新製品に対するユーザーの反響だけでなく、インテルの力を入れ方からヒットを確信している店員さんも少なくなかった。

 インテルの気合いの現れといえるのが、「DC3217BY」と「DC3217IYE」の箱に仕掛けられたギミックだ。開けた瞬間に箱に固定されたセンサーが反応し、インテルのジングル(タン、タタタタン♪)が流れるようになっている。ドスパラ パーツ館は「お客さんがコレを買って中身を取り出すとき、そのときだけのためにこれだけ手の込んだ仕掛けを盛り込んでいるわけです。私はこういうの大好きですね。それだけインテルが力を入れているんだなあと実感しました」と笑っていた。

og_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpgog_akiba_005.jpg DC3217IYE。背面には電源端子に、それぞれ2基のUSB2.0とHDMI端子が並ぶ。ギガビットLAN端子を用意しているのもコチラのモデルのみだ(写真=左/中央)。箱を開けてジングルが流れた瞬間。内箱の下側にセンサーと電子音スピーカーが張り付けられている(写真=右)

関連キーワード

Windows 8 | アキバ


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.