ニュース
» 2013年04月05日 17時16分 UPDATE

限定生産:「魔法少女まどか☆マギカ」デザインの14型Ultrabookが登場

マウスコンピューターが以前から告知していた「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」とのコラボレーションノートPCは、天板デザインだけでなく、特典壁紙や録り下ろしボイスも収録。筐体もオリジナルで、かなり本気っぽい。

[ITmedia]
og_madomagi_001.jpg 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」とコラボしたUltrabook

 マウスコンピューターは4月5日、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」とコラボレーションしたオリジナルノートPCの販売を開始した。価格は9万9750円。

 ラインアップは、鹿目まどかデザインモデル、暁美ほむらデザインモデル、まどか☆マギカデザインモデルの3モデル。全モデルにシリアルナンバー付ドッグタグのほか、オリジナルデスクトップマスコットアプリケーションと20種類の壁紙、オリジナルスクリーンセーバー、4種類のオリジナルシステムアイコンが付属し、各モデルのキャラにあわせた録り下ろしのオリジナルボイスも収録する(まどか☆マギカデザインモデルのボイスはキュゥべえ)。3モデル計800台の限定生産。予定数到達で受付を締め切る。

 なお、モデルごとに販路が異なり、鹿目まどかデザインモデルはマウスコンピューターの直販サイトおよびダイレクトショップ、暁美ほむらデザインモデルはユニットコム系列のパソコン工房・グッドウィル・フェイス・ツートップ、まどか☆マギカデザインモデルはソフマップとなっている。出荷予定日は6月下旬(6月28日〜30日)。

og_madomagi_002.jpgog_madomagi_003.jpgog_madomagi_004.jpg 鹿目まどかデザインモデル「LB-L420B-MK」(写真=左)、暁美ほむらデザインモデル「LB-L420B-HA」(写真=中央)、まどか☆マギカデザインモデル「LB-L420B-MM」(写真=右)

 3モデルとも光沢仕様の14型ワイド液晶ディスプレイ(1366×768ドット)を搭載するUltrabookで、主なスペックは、CPUがCore i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)、メモリが4Gバイト(PC3-12800)、ストレージはmSATA接続の64GバイトSSD+500GバイトHDD(5400rpm)、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 4000という構成だ。OSは64ビット版Windows 8。なお、メモリやストレージのBTOアップグレードにも対応する。

 インタフェースは、左側面にSD(SDXC)/MS(Pro)/MMC対応マルチカードリーダーとUSB 2.0、音声入出力、右側面にHDMI出力とUSB 3.0×2、およびギガビットLANが並ぶ。また、無線機能としてIEEE 802.11 b/g/n対応無線LANとBluetooth V4.0+LEを備えるほか、ディスプレイ上部に100万画素Webカメラを内蔵する。キーボードは日本語89キーで、ピッチ約19ミリ/ストローク約2ミリ。本体サイズは336(幅)×237(奥行き)×20(高さ)ミリ、重量は約1.58キロだ。なお、バッテリーで公称約5時間の動作が行える。

 ドッグタグのデザインは、ソウルジェムをエンボス加工であしらい、裏面にNo.1〜No.800のシリアルナンバーを刻印したもの。特典のオリジナルボイスは、Windowsのテーマ変更やエラーなどで再生され、例えば警告のシステムメッセージで「そ、それはだめみたい……」(まどか)、「今のはまずかったよ」(キュゥべえ)や、ゴミ箱を空にすると「もう……誰にも頼らない」(ほむら)といった音声を楽しめる。また、デスクトップマスコットは、魔法少女がデスクトップに常駐して、現在の時間などを教えてくれる。

og_madomagi_005.jpgog_madomagi_006.jpgog_madomagi_007.jpg 壁紙のイメージ(写真=左)。デスクトップマスコットのイメージ(写真=中央)。ドッグタグのイメージ(写真=右)

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう