ニュース
» 2013年04月17日 18時00分 UPDATE

価格もちょっぴり安く:アイ・オー、自分のPC環境を持ち運べる薄型ポータブルHDD「超高速カクうす」

アイ・オー・データ機器は「BOOT革命 Ver.5」が付属する薄型ポータブルHDD「超高速カクうす」を発売する。価格も従来より500円ほど安くなった。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 「超高速カクうす」ことHDPC-UTシリーズ。カラーバリエーションはホワイト×シルキーグレー、レッド×ブラウン、シルバー×グレー、ブラック×ブルー、ボルドー×ブラウンの全5色だ

 アイ・オー・データ機器は4月17日、USB 3.0接続対応のポータブルHDD「HDPC-UT」に「BOOT革命 Ver.5 for I-O DATA」付属モデルを追加した。2013年4月下旬に出荷を開始する。

 「BOOT革命 Ver.5 for I-O DATA」はPCのシステムドライブを外付けHDDにコピーできるソフトだ。外付けHDDにコピーしたシステムドライブからOSを起動できるので、別のPCに接続しても、普段のPC環境を再現できる。なお、USBストレージに直接OSをインストールする機能や、コピー先の内容復元などの機能は利用できない。

 製品仕様は従来モデルと変わらない。本体サイズは約75(幅)×112(奥行き)×14(高さ)ミリ、重量は約160グラム。容量は500Gバイト/1Tバイトモデルの2タイプで、価格はそれぞれ500Gバイトモデルが9975円、1Tバイトモデルが1万3860円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.