ニュース
» 2013年05月02日 13時00分 UPDATE

性能は2倍以上:Intel、第4世代Coreの統合グラフィックス上位版を「Iris」と命名

“Haswell”の統合グラフィックスについて、IDF Beijing 2013で公開されたeDRAM搭載版などの上位モデルに「Iris」(アイリス)の名称が使用されることが分かった。

[ITmedia]

 Intelは、Haswell(開発コード名)の名で知られる第4世代Coreプロセッサーについて、統合グラフィックス機能の一部に「Intel Iris Pro Graphics」および「Intel Iris Graphics」の名称を使うことを明らかにした。

 Haswellの統合グラフィックスは、GT1/GT2/GT3に大別され、GT3はIDF Beijing 2013で発表されたエンベデッドDRAM搭載版(GT3e)と、GT3(28ワット)/GT3(15ワット)に分けられる。このうち、GT3e(eDRAM搭載版)に「Intel Iris Pro Graphics 5200」、GT3(28ワット)に「Intel Iris Graphics 5100」の名称が与えられる。一方、GT3(15ワット)は「Intel HD Graphics 5000」、GT2は「Intel HD Graphics 4600/4400/4200」、GT1が「Intel HD Graphics」と、これまでのブランド名を継承することになる。

og_iris_001.jpgog_iris_002.jpgog_iris_003.jpg 第4世代Coreプロセッサーに内蔵されるグラフィックス機能のうち、上位2モデルに「Iris」の名が与えられる。Haswellのグラフィックス性能はIvy Bridgeの2倍、2006年の内蔵GPUに比べると、75倍にまでアップしたという

 同社が公開した資料では、Ivy Bridge世代のUltrabook向けCPU「Core i7-3687U」(2.1GHz/最大3.3GHz/TDP 17ワット)との3DMark 11比較で、Core i7-4650U(15ワット)が約1.5倍、Core i7-4558U(28ワット)が2倍以上にアップ。また、Core i7-3840QM(2.8GHz/最大3.8GHz/45ワット)との比較では、Core i7-4950HQ(47ワット)が約2.5倍、デスクトップ向けモデルでは、Core i7-3770K(3.5GHz/最大3.9GHz/77ワット)に対して、Core i7-4770R(65ワット)が3倍に迫るグラフィックス性能を発揮するという。

og_iris_004.jpgog_iris_005.jpgog_iris_006.jpg 各ラインアップのベンチマーク比較

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.