ニュース
» 2013年07月24日 13時59分 UPDATE

NVIDIA、ビジュアルコンピューティングGPUの最上位モデル「NVIDIA Quadro K6000」

VIDIAはQuadroのフラッグシップモデルとして「Quadro K6000」とモバイル向けの「Quadro K4100M」などを発表した。

[ITmedia]
og_k6000_001.jpg

 NVIDIAは7月23日、ビジュアルコンピューティングGPUの新しいフラッグシップモデルとして「NVIDIA Quadro K6000」を発表した。

 Kepler世代のQuadro K6000は、2880個のCUDAコアと12GバイトのGDDR5メモリ(メモリ接続バス幅は384ビット、メモリ帯域幅は288Gバイト/秒)を搭載し、先行するFermi世代のQuadro 6000に比べて、計算性能を5倍、グラフィックス性能を2倍に向上したという。DisplayPort 1.2をサポートし、4画面同時出力が可能。4K解像度(3840×2160ドット)にも対応する。

 このほか、モバイルワークステーション向けGPUの最上位として、「Quadro K4100M/K3100M/K2100M/K1100M/K610M/K510M」も発表。Quadro K2100M搭載する東芝の「dynabook Satellite WS754」が9月下旬に発売される予定だ。

og_k6000_002.jpgog_k6000_003.jpg 映像出力として2基のデュアルリンクDVI(DVI-I、DVI-D)と2基のDisplayPortを搭載

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.