ニュース
» 2013年07月29日 11時30分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:ASUS初のSSD「RAIDR」にインテルの「SSD 530」――SSDの注目製品が続々デビュー! (1/4)

ASUS初のSSDがゲーミングブランドR.O.G.シリーズから登場した。リードが最大830Mバイト/秒と高速だが、速度以上に高いカスタム性が評価されている。また、省エネ志向のインテル製新SSDにも注目したい。

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「意外と柔軟性が光ります」――ASUS製SSD「RAIDR」の評判

photo ASUSTeK Computer製SSD「RAIDR Express PCIe SSD PX2-240GB」

 先週登場した新製品の中では、特にASUSTeK ComputerのSSD「RAIDR Express PCIe SSD PX2-240GB」が注目を集めていた。価格は4万円弱で、在庫は潤沢だ。

 RAIDR Express PCIe SSDはPCI Express x2(GEN 2.0)に対応する240GバイトSSD。コントローラーチップに「SandForce SF-2281」、フラッシュメモリに東芝製MLC NANDを採用しており、速度はシーケンシャルリードが最大830Mバイト/秒、シーケンシャルライトは最大810Mバイト/秒となる。同社のゲーマー&オーバークロッカーブランド「R.O.G.」シリーズに属しており、高速化ツール「SSD TweakIt」を搭載するほか、RAMディスクやハイブリッドHDDを構築する機能も備えている。

 BUY MORE秋葉原本店は「細かいところまでしっかりと作り込んでいて、満を持して登場といった感じですね。UEFIとBIOSをスイッチで切り替えて使えるので、ブートドライブにするにしてもUEFI対応前のハードにも組み込みやすいです。パーツをR.O.G.シリーズで全部そろえる人も出てくるかもしれません」と高く評価する。ほかのショップでも、カスタム性の高さに注目したコメントを多く耳にした。

 TSUKUMO eX.も「速度はいたって標準的ですし、240GバイトSSDとしては安くないですが、細部まで細かくいじりたい人には最適なツールがそろっているのは魅力ですね。PCI Express接続ながらTRIMコマンドが使えるのもポイントです。こういうとがったラインアップが存在感を保ってくれるとうれしいですね」と今後の売れ行きを期待していた。

photophotophoto RAIDR Express PCIe SSD PX2-240GBは、表裏に金属シールドを被せたデザインを採用している。厚みは1スロット分で長さは157ミリだ
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.