ニュース
» 2013年09月06日 12時48分 UPDATE

IFA 2013:オールインワンPCにも変身する家族共用据え置きタブレット「Flex 20」

Lenovo Flexシリーズは、大画面の20型タッチモデル「Flex 20」も用意する。立ててデスクトップPCとして、寝かせてお絵かきタブレットなどとして使い分けられる。

[ITmedia]
Lenovo Flex 20 「Lenovo Flex 20」

 Lenovoは9月5日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催されている欧州の家電見本市「IFA 2013」で、オールインワンPCと大型タブレットを使い分けられる20型モデル「Flex 20」を発表した。

 Flex 20は、パーソナルなノート/タブレット・ビュワースタイルのFlex 14/15に対し、19.5型ワイドの画面により据え置き型の多人数/家族向けの利用シーンを訴求するマルチスタイルPCとして展開する。

 主な仕様は1600×900ドット+10点マルチタッチ対応タッチパネル付きのディスプレイ、第4世代Core 7シリーズなど(カスタマイズ対応)、グラフィックスはCPU統合(HD Graphics 4400)、メインメモリは最大8Gバイト(DDR3)、ストレージは最大500GバイトHDDないし500GバイトSSHD(8GバイトSSD内蔵)など。搭載OSはWindows 8(8.1)。

 通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0。USB 3.0×2、マイク/ヘッドフォンコンボ端子、720pWebカメラ、ステレオスピーカー(Dolby Home Theater v4)などを備え、ワイヤレスマウス、AccuTypeキーボードが付属する。ゲーム、教育などタッチ操作対応アプリもプリインストールする。バッテリー動作時間は約3時間。

 本体サイズは、509.3(幅)×311.7(奥行き)×20.5(厚さ)ミリ/重量は約3.5キロ。

 発売は2013年9月後半を予定。価格は899.99USドル(日本円換算 約8万9700円 2013年9月6日時点)から。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.