ニュース
» 2013年09月18日 16時00分 UPDATE

新規インストールが可能に:Microsoft、Windows 8.1の価格を発表 

MicrosoftがWindows 8.1の価格を発表した。Windows 8とラインアップおよび価格は変わらないが、アップグレードインストールと新規インストールの両方を行えるようになった。

[ITmedia]

 米Microsoftは9月17日(現地時間)、Windows 8.1の価格を発表した。Windows 8.1は119.99ドルでWindows 8.1 Proは199.99ドル。ラインアップと価格はWindows 8から変わらない。

 Windows 8.1はWindows 8のアップデート(Service Pack)という位置づけで、2013年10月17日(日本時間)に公開される。Windows 8ユーザーは無償でWindows Storeからダウンロード可能だ。パッケージ版とダウンロード版も、同日店頭および直販サイトで発売する。

photophotophoto Windows 8.1のパッケージ(写真=左)、Windows 8.1 Proのパッケージ(写真=中央)、Windows 8.1 Proへのアップグレードパック(写真=右)

 このほか、Windows 8.1をプリインストールしたPCを購入したユーザー向けにWindows 8.1 Proへのアップグレードパックを99.99ドル、Windows 8.1 Proユーザー向けのMedia Centerパックを9.99ドルで提供するとしている。

 Windows 8のパッケージ版は旧OSが入ったPCのアップグレードしかできなかったのに対し、Windows 8.1ではアップグレードに加えて、新規インストールが行えるようになった(旧OSが不要)。Windows 7搭載PCについては、アップグレードインストール(設定や個人ファイルを引き継ぐが、アプリケーションの再インストールが必要)ができるが、Windows VistaやWindows XPについては、新規インストールしかできない。

関連キーワード

Windows 8.1 | Microsoft


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.