レビュー
» 2013年10月11日 10時00分 UPDATE

Windows 8が“もっと”快適に:筆圧ペンで手書きもできるお手軽タッチパッド「Bamboo Pad」を試す (1/2)

ワコムからマルチタッチ操作とペン入力の両方に対応するタッチパッドが登場。機能はシンプルで価格も手ごろだが、512段階の筆圧検知などその実力は侮れない。

[池田憲弘(撮影:矢野渉),ITmedia]

「タッチも筆圧ペンも両方OK」な外付けタッチパッド

photo 筆圧検知に対応するペン入力も可能なタッチパッド「Bamboo Pad」

 Windows 8の登場から1年が経ち、ユーザー数も増えてきたが、ジェスチャー操作がなじまない、あるいはデスクトップUIしか使わないという人もまだいるのではないか。そういう人はワコムのタッチパッド「Bamboo Pad」を導入すると、Windows 8をもっと快適に使えるかもしれない。

 Bamboo Padはマルチタッチのジェスチャー操作や筆圧検知対応のペン入力が可能なタッチパッドだ。USBケーブルで接続し、バスパワーで動作する有線モデルと、USBレシーバーを使うワイヤレスモデルの2種類を用意する。2つのモデルは接続方法以外の仕様はほぼ同じだが、ワイヤレスモデルはバッテリーとして単四形乾電池2本が必要だ。今回はこのワイヤレスモデルを試用した。

 本体サイズは141.4(幅)×166.5(奥行き)×15.7(厚さ)ミリだ。重量は実測で172グラム(バッテリー、USBレシーバー含む)と軽く、持ち運びやすい。バッテリーを装着する本体後部はやや厚くなるが、タッチパッド部分は約4.5ミリと薄いため、モバイルマウスのように携帯することも可能だ。

 外付けのタッチパッドは、手前から奥に向かって上り坂になる傾斜をつけた製品が多いが、Bamboo Padのセンサー面は平らな構造だ(奥の膨らんでいる部分はバッテリー収納部)。指でタッチ操作する場合は傾斜があるほうが楽だろう。特にスクロールなど指を前後に動かす操作が快適に行える。一方、ペン入力では傾斜があると書きづらく、平らなほうがよい。タッチとペンの両方に対応する製品として、傾斜を調節できるスタンドがあれば、なお使いやすかったように思う。

photophoto タッチパッド部は平らで厚さ約4.5ミリと薄い。バッテリーなどを搭載する部分は高くなっている。左側面には電源ボタンを(写真=左)、右側面にはスタイラスペンの収納ポケットを備える(写真=右)

Macでも利用可能なジェスチャー、Windows 8のエッジスワイプにも対応

photo バッテリーは背面のカバーを開けて装着する。USBレシーバーの収納ポケットも備えた

 それでは早速タッチ操作を試してみよう。製品付属のUSBレシーバーをPCに装着し、左側面にある電源スイッチをオンにするとWindows 7/8ではドライバを自動でインストールして使えるようになる。ポインタの移動やタッチによるクリックのほかにジェスチャー操作も利用可能だが、専用ドライバやソフトウェアがないため、OS標準の操作のみ対応する。

 Windowsで対応するジェスチャー動作は2本指のスクロールやピンチイン/アウト、3本指での戻る/進む(左、右に動かす)、デスクトップの表示(上に動かす、7は全アプリケーション最小化)、スタート画面の表示(下に動かす)など。もちろんWindows 8ではアプリの切り替え、チャーム呼び出しといったエッジスワイプ操作も利用可能だ。タッチパッドの面積は広く、3本指での操作も窮屈さは感じない。4本指や5本指の操作にも対応すると、さらに使い道は広がっただろう。

 Mac OS Xでジェスチャー操作を使う場合はワコムのWebサイトから専用ドライバをダウンロードすればよい。2本指でのスクロールや4本指でのアプリケーション切り替えなどに対応する。

 タッチパッド表面はつるつると指滑りがよく、タップ操作の反応もいい。長時間使っても皮脂などでベトつかないところもうれしい。タッチで反応するセンサー面サイズは実測で115(幅)×78(奥行き)ミリ。左右のクリックボタンがある手前側20ミリほどの領域は反応しないので注意が必要だ。

photophoto タッチパット部の手前に左右のクリックボタンを配置する(写真=左)。カラーバリエーションはメタリックグレー・ブラック、パールホワイト・ブルー、パールホワイト・グリーン、パールホワイト・パープルの4色を用意。USBモデルはメタリックグレー・ブラックの1色のみとなる(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.