ニュース
» 2013年10月25日 02時00分 UPDATE

“世界最高”の生産性を備えたタブレット:「この1年で驚くほどよくなった」――「Surface Pro 2/Surface 2」発表会 (1/2)

海外発売から間を置かずに国内発売となった「Surface Pro 2/Surface 2」。発表会では、製品の見どころを紹介した。グローバルモデルと比べて実質2割ほど安くなるSurface Pro 2の価格からは、日本マイクロソフトの“本気度”が感じられる。

[池田憲弘,ITmedia]

「Surface Pro 2」「Surface 2」、海外から3日遅れで発売

photo 発表会会場で展示していた「Surface 2」(左)と「Surface Pro 2」(右)

 既報の通り、日本マイクロソフトは10月24日、Windows RT 8.1搭載タブレット「Surface 2」とWindows 8.1 Pro搭載タブレット「Surface Pro 2」を2013年10月25日に国内発売すると発表した。法人向けモデルは2013年11月1日に発売する。

 なお、Surface(旧Surface RT)とSurface Proは併売する。Surfaceの価格は32Gバイトモデルが3万4800円、64Gバイトモデルが4万4800円。Surface Proについては2013年10月25日から2013年12月末まで期間限定で1万円の値引きを行い、128Gバイトモデルが7万9800円となる。

Surface 2/Surface Pro 2個人向けモデルの価格
製品名 OS CPU メモリ ストレージ オフィススイート 価格(税込み)
Surface 2 Windows RT 8.1 Tegra 4 (1.7GHz) 2Gバイト 32Gバイト Office 2013 RT 4万4800円
Surface 2 Windows RT 8.1 Tegra 4 (1.7GHz) 2Gバイト 64Gバイト Office 2013 RT 5万4800円
Surface Pro 2 Windows 8.1 Pro Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 4Gバイト 128Gバイト Office Home and Business 2013 9万9800円
Surface Pro 2 Windows 8.1 Pro Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 8Gバイト 256Gバイト Office Home and Business 2013 12万9800円
Surface Pro 2 Windows 8.1 Pro Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 8Gバイト 512Gバイト Office Home and Business 2013 17万9800円
photo 日本マイクロソフト 代表取締役社長の樋口泰行氏

 製品発表会では、日本マイクロソフト 代表取締役社長の樋口泰行氏が「Surface ProとSurface RTのときは米国発売から長くユーザーを待たせたてしまったが、今回は米国から3日遅れでのどちらも発売できる」とあいさつ。日本がMicrosoftにとって重要な市場だと認識されていることを強調した。

 特に樋口氏はSurface Pro 2について「ユーザーからのフィードバックをもとに、新CPUを搭載し、バッテリー動作時間を伸ばした。既存モデルよりも75%ほど時間が長くなり、オプションのPower Coverを使えばさらに50%伸びる。15時間程度バッテリーが持つのでほぼ1日中使える」とアピール。

 このほか「7:3の割合で多く売れている」というType Cover 2のカラーバリエーションを4色(マゼンタピンク、シアン、パープル、ブラック)に増やしてバックライトを搭載したことや、センサーが80個から1092個に増やしたTouch Cover 2などアクセサリの刷新についても「この1年で驚くほどよくなった」(樋口氏)と述べた。

photophoto ユーザーのニーズを受けてType Cover 2ではカラーバリエーションが増えた。逆にTouch Cover 2はブラックの1色のみとなる(写真=左)。Touch Cover 2はセンサーが80個から1092個に増えた(写真=右)
photo Microsoft ジェネラルマネージャー Surface and Windows Hardware Sales and Marketing担当のブライアン・ホール氏

 詳しい製品説明はMicrosoft ジェネラルマネージャー Surface and Windows Hardware Sales and Marketing担当のブライアン・ホール氏が行った。同氏は「普通にWebブラウンジングをする、動画を見ると言った用途ではSurfaceは必ずしも1番のデバイスではないかもしれない。しかし、仕事用に使う人や学生などデバイスで生産性を発揮したい人には最も向く。世界最高の生産性を誇るタブレットだ」とSurfaceの特徴をまとめた。

 Surface Pro 2/Surface 2は既存モデルからさまざまなブラッシュアップが施されているが、ホール氏はバッテリー動作時間の延長(Pro 2)やキーボードカバーの刷新に触れつつ、Kickstandの進化や新オプションのメリットを重点的に説明した。

 新モデルではKickstandのチルト角度が22度と40度の2段階となった。Webブラウンジングなど一般的な動作では22度が最適な角度としつつも、「体の大きさやテーブルの大きさはさまざまだし、いろいろな体勢でSurfaceを使うことを考えると40度という角度を作れるのは便利だ。キーボードカバーが固くなったこともあり、ひざに置いても楽に作業が行える」(ホール氏)という。

photophotophoto 新モデルではKickstandのチルト角度が22度と40度の2段階となった

 端末を装着することでUSB 2.0×3、USB 3.0×1、Mini DisplayPort、有線LANポートといったインタフェースを拡張できる「ドッキングステーション」については、「これを使えばデスクトップのワークステーションに匹敵する機能を得られる」とアピール。映像出力も3840×2160ドットに対応する。このほか「キーボードカバー用ワイヤレスアダプター」や薄型マウス「Arc touch mouse Surface edition」なども紹介。これらのアクセサリはSurface(RT)、Surface Proとも互換性がある。

photophotophoto 装着すればワークステーション並みの使用感を得られるとする「ドッキングステーション」(写真=左)は、背面にUSBポートや有線LANポート、Mini DisplayPort出力などさまざまな端子を備える(写真=中央)。4K2K出力にも対応する(写真=右)
photophotophoto キーボードカバーを端末から離れた場所で使える「キーボードカバー用ワイヤレスアダプター」(写真=左)や、携帯性に優れる薄型マウス「Arc touch mouse Surface edition」も紹介(写真=中央)。そのほかにも多数のアクセサリを発売する(写真=右)

 本製品にはSkyDrive 200Gバイトの利用権が2年間付属するのも特徴だ。OfficeのSkyDrive連携も魅力だが、不足しがちなストレージ容量(特にSurface 2)を補えるところが大きい。「Surfaceでは多彩なストレージの選択肢を用意する。SkyDrive以外にもmicro SDカードやUSBフラッシュメモリを使ってもいい」(ホール氏)とiPadとの差別化もアピール。Skypeの固定電話かけ放題プランやSkype WiFiホットスポット利用権(ともに1年分)も含めて「わくわくするような特典」だと述べた。

photophotophoto Surface Pro 2ならば“Haswell”世代のCPUと8Gバイトメモリ(上位モデル)など性能も高いため、モバイル環境でも動画編集もスムーズに行えるとアピールした(写真=左、中央)。Skypeに関する特典も含め「わくわくする特典」とホール氏は述べた(写真=右)
photophotophoto インカメラの集光機能を強化したことで、逆光や暗室などの環境下でも顔を認識できるようになった。Skypeなどのビデオチャットで重宝する機能だ(写真=左)。ゲームコントローラーを接続してゲームをプレイできる(写真=中央)。Touch Cover 2の技術を応用した「Surface Remix」プロジェクトを進行中とのこと。音楽制作に用いるコントローラの機能を持たせた専用のキーボードカバーとシーケンサソフトを使い、タップしたトラックの音の再生や停止するデモを行った(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.