連載
» 2013年11月11日 18時30分 UPDATE

広田稔のMacでいこうな(23):Mavericksでマルチディスプレイが最強すぎる (1/4)

最新のOS X 10.9「Mavericks」で筆者イチオシの機能といえば、まず真っ先に挙げたいのがマルチディスプレイ対応。いろいろとはかどるぞ!

[広田稔,ITmedia]

Mavericksで始めよう! Mac+画面もう1枚の快適生活

og_macde_001.jpg Mavericksは、カリフォルニアにあるサーフィンの名所。無料でもらえるなら「このビッグウェーブに乗るしかねぇ!」でしょう。ちなみにアップグレードできるのは、10.6「Snow Leopard」/10.7「Lion」/10.8「Mountain Lion」。対象Macはアップルのサイトでチェック

 今回は10月23日にアップルがリリースした、Macの最新OSとなるOS X 10.9「Mavericks」の話。メジャーアップデートにも関わらず、App Storeを通じて無料で入手できるとあって、早速、更新したという人も多いはずだ。

 今回は200以上の新機能が投入されたわけだが、筆者のお気に入りは、何と言ってもマルチディスプレイ対応! iMacなどのデスクトップでも、「うぉー! アップデートしたぜ!」と便利さを実感できるのがすばらしい。というわけで、マルチディスプレイについてまとめていくよ。

ノート向きだった「Back to the Mac」

 このところのOS Xは、ノート型Macに便利な新機能が目立っていた。2010年10月、10.7「Lion」を発表したイベントのキャッチコピーは「Back to the Mac」(Macへの回帰)。iOSで得た成果をMacに還元しようという試みだった。

 例えば、ソフトをフルスクリーン表示にし、トラックパッドを3本指で左右にスワイプして切り替えられる使い勝手は、まさにiPadそのもの。「F4」キーを押すか親指+3本指でトラックパッドをピンチすると現れるランチャーの「Launchpad」も、iOSのホーム画面だ。

og_macde_002.jpgog_macde_003.jpg 11インチや13インチのMacBook Airはデスクトップが狭めで、ウィンドウを複数並べていると見た目が煩雑になりがち。写真のようにフルスクリーン化して、トラックパッドのスワイプで切り替えて使うようにするとスッキリする

 しかしiMac、おそらくMac ProやMac miniでも、フルスクリーン表示やLaunchpadはいまいちピンとこない要素だった。そもそもデスクトップが広いのでウィンドウをいくつも並べておけるし、Dockを常時表示しておいてもそこまでじゃまにならない。特にマルチディスプレイ環境ではひどくて、Mountain Lionまではフルスクリーンにすると、メインディスプレイ以外はブラックアウトして1枚しか使えないという“なぞ仕様”だった。

 そんな状況がMavericksで一変して、マルチディスプレイ関連がめちゃくちゃアップデートした。

  • ディスプレイそれぞれでフルスクリーンにできる!
  • 「Mission Control」画面でソフトを簡単に入れ替えられる!
  • メニューバーやDockが全部のスクリーンに現れる!
  • Air PlayでApple TVをつないだテレビに飛ばせる!

といった具合に、えらく使い勝手がよくなったのだ。むしろ「なぜ今までできなかったのだ……」という気もするが、フルスクリーン表示、Launchpad、Spaces、Mission Control、Air Playなど、メジャーアップデートで地道にまいてきた布石が「フラグ回収」とばかりに実を結んだ印象だ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-