ニュース
» 2014年01月22日 15時17分 UPDATE

有料アプリを使っているタブレットユーザーは“2割未満”、ノートPC不要派は8.8%――ライフメディア調べ

ライフメディアは、全国の男女を対象とした「タブレット端末に関する調査」のデータを公開した。

[ITmedia]

 ライフメディアは1月22日、同社が実施した「タブレット端末に関する調査」のリサーチ結果を公開した。

 調査は2014年1月3日から8日にかけて同社運営サイト「ライフメディア」で実施。調査対象は10代から60代の全国男女で、有効回答は3600サンプルとなっている。

 回答者のうち、タブレット端末の所持者は全体の約19%。所持しているサイズは「6〜8型」が44%ともっとも多くなっている。

photophoto Q1.あなたは、現在タブレット端末を持っていますか?※単一回答 (画像左)、Q2.あなたが所有しているタブレット端末の液晶サイズを教えてください。※単一回答 (画像右)

 所有した理由は「持ち運びに便利だから」が53%、次いで「手軽にインターネットができるから」が47%となっている。利用シーンは「自室でくつろいでいるとき」が60%。「テレビを見ながら」が38%、「ベッドでくつろいでいるときに」が31%となっており、自室で利用されていることが多いようだ。

photophoto あなたがタブレット端末を所有した理由は何ですか?※複数回答 (画像左)、Q4.あなたはどんな時にタブレット端末を利用していますか?※複数回答 (画像右)

 利用しているサービスは「インターネット検索」が89%と最大で、ほか「ニュース・天気予報」が50%、「ナビゲーション・地図」が36%。またアプリのダウンロード利用については、85%が無料アプリを利用しており、有料アプリの利用者は19.5%にとどまっている。

photophoto Q5.あなたはタブレット端末でどのようなサービスを利用していますか?※複数回答 (画像左)、Q6.あなたはアプリをダウンロードしていますか?(最初から入っているアプリは除きます)※複数回答 (画像右)

 タブレット端末の保有後のPC利用頻度については、約67%が「変化はない」と回答。「バソコンを使わなくなった」と答えたのは2.7%にとどまっている。また「タブレット端末があればノートPCは不要」と答えたのは8.8%と、ノートPCにも役割を感じているユーザーが大多数となっている。

photophoto Q7.タブレット端末を所有した後、パソコンの利用頻度に変化はありますか?※単一回答 (画像左)、Q8.タブレット端末があれば、ノートパソコンは不要になると思いますか?※単一回答 (画像右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.