レビュー
» 2014年02月12日 08時00分 UPDATE

最新PC速攻レビュー:「dynabook KIRA V634/28KS」――“絶妙なバランス”の高画質モバイルノートを徹底検証 (1/4)

東芝の「dynabook KIRA」は、高画質にこだわった薄型軽量モバイルノートPCだ。新モデルは第4世代Core Uシリーズの搭載とともに、ラインアップを拡充してきた。新たに登場したタッチパネル非搭載の超高解像度モデルをレビューしよう。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・高画質な13.3型“2560×1440”液晶
・約1.12キロのボディで約14時間駆動
・使いやすいキーボードとタッチパッド
ココが「×」
・薄型軽量ボディだが後部は少し厚い
・13.3型ではパームレストがやや短い
・用途によっては大容量SSDも欲しい

はじめに:“KIRA”にタッチパネルなしの超高解像度モデルが登場

tm_1402_v634_01.jpg 東芝の13.3型モバイルノートPC「dynabook KIRA V634/28KS」

 元祖Windows高精細モバイルノートPCが、Haswell世代でさらに進化した。

 東芝の「dynabook KIRA」は、液晶ディスプレイやサウンドの品質にこだわったエンターテインメント志向の薄型軽量モバイルノートPCだ。2013年の年末に発売された新モデルは、そのコンセプトやボディの設計を引き継ぎつつ、第4世代Core(開発コード名:Haswell)を採用することで、性能の強化とバッテリー駆動時間の延長を果たすとともに、店頭向けラインアップを2モデルから3モデルに拡充している。

 3モデルの違いは主に液晶ディスプレイだ。タッチパネル付きで2560×1440ドット表示の上位モデル「V834/29K」、タッチパネルなしで1366×768ドット表示の下位モデル「V634/27K」に加えて、タッチパネルなしで2560×1440ドット表示の中間モデル「V634/28K」が新たに用意された。今回は、その中間モデルのV634/28KSを評価機としている。

 タッチパネル搭載モデル(V834/29KS)は、最厚部(突起部除く)が19.8ミリ、重量が約1.35キロと、先代の超高解像度モデル(V832/28HS)から据え置きであるのに対し、タッチパネル非搭載のV634/28KSは最厚部17.9ミリ(突起部除く)、重量約1.12キロと薄型軽量に仕上がっている。また、第4世代Core Uシリーズを搭載したことで、バッテリー駆動時間も延びた。公称値は約14時間で、先代の超高解像度モデル(V832/28HS)の約9.5時間から約4.5時間も延びている。

 液晶ディスプレイを除く基本スペックは3モデル共通で、CPUがCore i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)、メモリが8Gバイト(DDR3L-1600/デュアルチャンネル対応)、ストレージが128GバイトSSD(mSATA)という内容だ。コストとのバランスを意識しながらも、パフォーマンス面では妥協のない構成といえる。

 dynabook KIRAは、高品質な液晶ディスプレイの搭載からクリエイティブ用途を強く意識しているが、基本スペックからもそれは伺える。一方でストレージ容量が少なめに思えるが、この用途では128Gバイトが256Gバイトになったところで足りないのは同じで、512Gバイトでもそうかもしれない。クリエイティブ用途では外付けのポータブルSSDを導入するユーザーも珍しくないたけに、容量よりも性能や導入コストを優先した選択は理解できる。

 また、無線LANが最新の高速規格IEEE802.11acに対応する点、3基のUSB 3.0ポートや4K(3840×2160ドット/30Hz)対応のHDMI出力を搭載する点など、一般のUltrabookよりもワンランク上といえる装備だ。ちなみに、Intelが定める新しいUltrabookの要件にはタッチパネルの搭載が含まれるため、タッチパネル搭載モデル(V834/29KS)以外はUltrabook準拠の製品ではない。

ボディと製品概要:美しく頑丈なくさび型ボディに高性能を凝縮

tm_1402_v634_02.jpgtm_1402_v634_03.jpg V634/28KSは、本体サイズが約316.0(幅)×207.0(奥行き)×7.6〜17.9(高さ)、重量が約1.12キロだ。タッチパネルがないぶん、薄型軽量となっている。シルバーで統一されたくさび型ボディは、見た目の美しさと剛性の両方にこだわった
tm_1402_v634_04.jpgtm_1402_v634_05.jpg ボディの素材はマグネシウム合金を採用。「dynabook」のロゴをさりげなく配した天面には、ヘアライン加工が施されている(写真=左)。底面はノイズの少ないシンプルなデザインで、ユーザーによるバッテリーの着脱はできない仕様だ(写真=右)。手前側の左右にステレオスピーカー、奥側には通風口がある
tm_1402_v634_06.jpgtm_1402_v634_07.jpg 13.3型ワイドサイズ、2560×1440ドット表示の高精細液晶ディスプレイを搭載(写真=左)。画質、色表現に注力しており、出荷前に1台1台個別の色調整を行なっているという。視野角もかなり広い。液晶ディスプレイのチルト角度は約135度まで開く(写真=右)。本体の厚さは公称値で7.6〜17.9ミリだが、これは突起部を除いたサイズだ。ゴム足まで含めた厚さは実測値で20ミリほどある
tm_1402_v634_08.jpgtm_1402_v634_09.jpg アイソレーションタイプの6列キーボードを搭載(写真=左)。ボディと一体化したフレームレス構造を採用しており、たわみのない安定感のある打感を実現した。キーピッチは約19(横)×18(縦)ミリ、キーストロークは約1.5ミリと余裕がある。左右ボタンを一体化したタッチパッドも、実測値で105(横)×58(縦)ミリと広く、扱いやすい。キーボードにはバックライトを内蔵している(写真=右)
tm_1402_v634_10.jpgtm_1402_v634_11.jpg 前面(写真=左)と背面(写真=右)にインタフェース類はなく、シンプルな外観だ。トップカバーはラッチレスだが、ボディに手をかけられる部分があるため、片手でもスムースに開ける
tm_1402_v634_12.jpgtm_1402_v634_13.jpg 端子類は両側面にまとめられている。左側面は、奥からACアダプタ接続用のDC入力、4K対応のHDMI出力、USB 3.0、USB 3.0(電源オフチャージ対応)が並ぶ(写真=左)。右側面には、奥から USB3.0、ヘッドフォン/マイク兼用端子、ブリッジメディアスロット(SDXCメモリーカード/MMCに対応)を備えている(写真=右)。IEEE802.11a/b/g/n/acの無線LANとBluetooth 4.0+HSも標準で搭載する
tm_1402_v634_14.jpgtm_1402_v634_15.jpg 内蔵バッテリーの駆動時間は公称14時間。ACアダプタは実測でのサイズが37(幅)×83(奥行き)×25(高さ)ミリ、ケーブル込みの重量が210グラムと非常にコンパクトだ(写真=左)。PCの消費電力を確認しつつ、省電力設定をカスタマイズできる独自の「東芝ecoユーティリティ」も健在(画像=右)。モバイルPCで長年の実績がある東芝だけに、この辺りはソツがない

東芝ダイレクト

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.