ニュース
» 2014年03月11日 23時09分 UPDATE

2014年も2ケタ成長へ――マカフィー事業戦略説明会

マカフィーが2014年の事業戦略を説明。業界で強い影響力を持つインテルブランドを背景に、引き続き2ケタ成長を見込む。

[ITmedia]
og_mcafee_001.jpg マカフィー代表取締役社長のジャン・クロード・ブロイド氏

 マカフィーは3月11日、2014年における同社の事業戦略について、報道関係者向け説明会を実施した。

 同社代表取締役社長のジャン・クロード・ブロイド氏は、まずはじめに2013年の事業を総括。同氏は「官公庁やあらゆる規模の企業がセキュリティの重要性を認識しつつあり、市場成長率は平均8%と拡大傾向にあるが、その中で(McAfeeは)法人、コンシューマー事業ともに15%と、2倍近い成長率を達成した」と述べ、成長をけん引した理由として現状のセキュリティ課題に適したテクノロジーを挙げるとともに、「顧客は単に製品を購入するのが目的ではなく、どのような対策があり、自社に適した要件やセキュリティポリシーを知りたいと考えている。そこでマカフィーは強力なコンサルタントチームを作った。最高の技術を提供するのはもちろん、セキュリティアドバイザーとしての存在感の強化と、業界に強い影響力を持つインテルのフルサポートなどにより、官公庁、企業にとって信頼されるパートナーになることができたと思う」とアピールした。

 一方、2014年のコンシューマー事業では、日本でも急成長を遂げているモバイル分野(同社はすでにスマートフォン向けセキュリティで1000万人の国内ユーザーを抱えている)に注力していくと説明。同氏は「デバイスごとの保護も重要だが、ユーザーの立場から考えると、すべてのデバイスを保護してほしいと感じている」と指摘し、2013年にリリースしたコンシューマー向けセキュリティ製品である「リブセーフ」によって、「自分だけでなくその世帯すべてのデバイスを保護できるうえに、共通のユーザー体験を提供する。これができるのはマカフィーだけだ」と自信を見せた。

 ブロイド氏は「BYOD(Bring your own device)といわれるように、自分のスマホで会社のネットワークにアクセスする傾向から、コンシューマー事業の動向がコーポレート側の事業にもつながっている」と指摘。「今後コンシューマー領域では、3年から5年以内にマカフィーがトップの企業になると思う」と予測を述べた。

 なお、「McAfee」ブランドを「Intel Security」ブランドに変更することについて、同氏は「組織の改編ではなくブランドの変更であり、これまでの事業方針に変わりはない」と説明。「インテルのブランドを生かして、世界最先端のセキュリティ企業というイメージを強化できると思う」と述べ、こうした影響力を背景に2014年の事業も2ケタ成長を見込んでいるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう