レビュー
» 2014年03月25日 11時27分 UPDATE

最新PC速攻レビュー:「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」――情熱の赤が所有欲を刺激する!! (1/3)

日本HPの「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」は、鮮烈なデザインが印象的なBeats Audioスペシャルエディションモデルだ。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・インパクト抜群のロッソネロボディ
・画面を引き寄せて使える新機構のスタンド
・HDMI入力を装備し、ゲーム機やタブレットの画面も表示可能
ココが「×」
・液晶ディスプレイの輝度が暗い
・重量が約12キログラムと重い
・光学ドライブを装備していない

はじめに:新感覚の液晶一体型PC

hoenvy_001.jpg 23型ワイド画面を搭載したボディは、前面から見るとシンプルで、リビングはもちろん、オフィスにあっても違和感がない

 日本HPから登場した「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」は、画面を手前側に引き寄せることができる新感覚デザインの液晶一体型PCだ。Beats Audioとコラボレーションしたスペシャルエディションモデルでもあり、デザインやサウンド回りにも特徴がある。評価機を入手することができたので、性能や使い勝手をレビューしよう。

 ボディは光沢レッドとブラックのツートーンカラーのインパクトが抜群で、Beats Audioのプレミアムなイメージを見事に演出。スタンドは2軸ヒンジになっており、画面の角度を変えられるだけでなく、画面を手前に引き寄せることができる機構になっている。キーボードで使う時は通常位置で、タッチで使う時は引き寄せてと、使い方や用途で使い分けることができる。

 液晶ディスプレイのサイズは23型ワイドで1920×1080ドット表示に対応する。10点マルチタッチに対応しており、画面に直接触れての操作が可能だ。HDMI入力端子を搭載しているため、ノートPCやタブレット、あるいは家庭用ゲーム機など、HDMI出力が可能なデバイスの画面を表示させることが可能。入力を切り替えるボタンは画面底部に用意されている。

 画面下にはBeats Audioブランドのクアッドスピーカー(2組のステレオスピーカー)を内蔵しており、低音の効いたパワフルなサウンドを再生可能。ヘッドフォン/マイク兼用端子のほか、サブウーファ用出力端子を用意している点もユニークだ。

 基本スペックは、CPUにCore i5-4570T(2.9GHz/最大3.6GHz)、メモリが8Gバイト(PC3-12800)、1TバイトのハイブリッドHDD、外部GPUとしてGeForce GT 730A(ビデオメモリー1Gバイト)も搭載している。Core i5-4570Tは第4世代Coreプロセッサ(Haswell)のデスクトップモデルの中でもAIO(All in One)向けとされるTDP35ワットの省電力モデルであり、性能面も興味深い。

hoenvy_012.jpghoenvy_013.jpg CPUにはCore i5-4570Tを搭載している。第4世代Coreプロセッサー(Haswell)のデスクトップモデルの中でもAIO(All in One)向けとされる異色のデュアルコアモデルだ。Hyper-Threadingにより4スレッドの同時実行が可能。Turbo Boost Technology 2.0により、最大3.6GHzで動作する。TDPは35ワットとデスクトップ向けCPUとしては最小クラス

hoenvy_014.jpghoenvy_015.jpg 外部GPUとしてNVIDIAのGeForce GT 730A(ビデオメモリ)を搭載している。同型番のチップはNVIDIAのWebサイトにも見当たらず、OEM専用と思われる。スペック的にはローエンドクラスだ(画面=左)。NVIDIA Optimusに対応しており、CPU内蔵GPUとGeForce GT 730Aは、アプリケーションごとに最適なものが使われるようになっている。3D描画性能が影響するゲームは基本的にNVIDIA GPUが使われるが、NVIDIAコントロールパネルで手動設定も可能だ(画面=右)

icon
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.