ニュース
» 2014年05月12日 11時03分 UPDATE

もしものために:夜間の運転は危ないからね――「車載 赤外線12灯LED フルHDドライブレコーダー」

上海問屋が、赤外線LED搭載のドライブレコーダーを発売した。価格は3999円。

[村上万純,ITmedia]

 ドスパラは5月9日、同社直販ショップ"上海問屋"で「車載 赤外線12灯LED フルHDドライブレコーダー」(DN-11248)を発売した。価格は3999円(税込、送料別)。

photophoto 車載 赤外線12灯LED フルHDドライブレコーダー

 本製品は、12個の赤外線LEDを搭載したフルHD(1920×1080ピクセル)撮影対応のドライブレコーダーだ。1.5型液晶、120度の広視野角レンズ、露出補正機能を備え、有効約500万画素の静止画撮影もできる。

 最大解像度での記録時間は、32GバイトのmicroSDHCを使用した場合で約3時間。エンジンの動きに連動して録画のオン/オフを切り替えるほか、データ容量が最大になった際に自動で古いデータを上書きするループ録画機能も備える。電源はシガーソケット経由で、12ボルト車に対応する。サイズは66(幅)×41(高さ)×50(奥行き)ミリ、重量は約75グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.