ニュース
» 2014年05月21日 14時00分 UPDATE

照明+iPhone=スキャナ:PFU、iPhoneを高性能スキャナにするデスクライト「SnapLite」を発表

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」でおなじみのPFUからユニークな照明が登場。iPhoneユーザーは必見。

[ITmedia]
og_snaplite_001.jpg SnapLite(PD-SL01)。1万2800円

 PFUは5月21日、iPhoneと連携して照明操作やスキャンができるデスクライト「SnapLite」を発表、同日より受注を開始した。価格は1万2800円(税込み)。5月28日に発売する。

 SnapLiteは、一見シンプルなデスクライトだが、無料で配布されている専用アプリを使うことで、iPhone 5/5s/5c(iOS 6.0以降)のカメラ機能を用いたスキャナとしても利用できるユニークなiPhone用アクセサリだ。

 アプリを起動するとiPhoneとSnapLiteがBluetoothで自動的に接続され、デスクに投影されたレーザーガイドにあわせて資料を置き、本体スタンド部にあるリスのロゴを押すと、iPhoneのカメラロールに撮影された画像が取り込める。基本的にはiPhoneで写真を撮影するのと変わらないが、高輝度LED照明やアプリの台形/ホワイトバランス補正などにより、カメラの角度や手ブレ、影の映り込みを気にすることなく原稿を撮影できるのがポイント。また、iPhoneを利用するため、PCを使わずに写真をクラウドに保存したり、SNSでシェアするといった使い方も簡単だ。

 スキャン範囲はA4サイズ(210×297ミリ)。ただし、アプリの合成モードにより、A3サイズの取り込みも可能。出力ファイル形式はJPEGになる。アプリ側の補正機能は、台形補正/傾き補正/自動トリミング(マルチトリミング対応/A3合成/ホワイトバランス補正など。編集機能として画像の回転と手動トリミングも行える。

og_snaplite_002.jpgog_snaplite_003.jpg 本体スタンド部のリスのマークに触れるとレーザーガイド内に置いた原稿がiPhoneで撮影される。SnapLite用アプリを起動すると本体とiPhoneはBluetoothが自動的に接続されるため手軽にスキャンできる。取り込んだ写真は自動的に傾きが補正され、トリミングされる。各種補正機能はオフにすることも可能だ

og_snaplite_004.jpgog_snaplite_005.jpg 合成モードで2回に渡って撮影すればA3サイズの大きな資料も取り込める。複数のレシートを一回で取り込むことも可能。自動的にマルチトリミングされ、複数の写真としてカメラロールに入る

 デスクライトは高輝度LEDを2つ搭載する仕様で、暖色(2700K)と白色(5000K)の切り替えが可能。明るさは5段階で調整できる。このほか、iPhone/iPad用のUSB給電ポート(5ボルト/1.2アンペア)も備える。本体サイズは75(幅)×158(奥行き)×360(高さ)ミリ、重量は約650グラム。

関連キーワード

ScanSnap | PFU | ドキュメントスキャナ | Mac


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-