レビュー
» 2014年08月05日 17時00分 UPDATE

あのCeleron 300Aの再来か!:20周年記念の「Pentium G3258」で気軽に遊ぶ (1/3)

Pentiumの20周年記念モデルは、8000円前後の実売価格とCPU倍率変更アンロックモデルという、いろんな意味で“気軽なCPU”を楽しんでみた。

[石川ひさよし,ITmedia]
ココが「○」
・8000円台でアンロック
・OC4GHz超えはいける
ココが「×」
・2コア2スレッドHT非対応
・定格性能に期待せず

アンロックな20周年記念Pentiumは8000円(台)

 Pentium G3258は、動作クロックが定格で3.2GHzのデュアルコアCPUだ。Turbo BoostにもHyper-Threadingにも対応していない、実に“さっぱり”としたモデルだ。CPUアーキテクチャの世代としてはHaswellとなる。22ナノメートルのプロセスルールを導入している点は、Core iシリーズの4000番台と同じだ。

kn_g3258rv_01.jpg Pentium G3258。そういえばCeleron 300Aも“COSTA RICA産”が人気だった

 最終レベルキャッシュも3Mバイトと少ないが、こちらはデュアルコアであることを考えれば妥当なところだろう。メモリコントローラはDDR3-1333までのサポートで、統合するグラフィックスコアはIntel HD Graphicsとなる。

 Quick Sync VideoやIntel Clear Videoのサポートは、Pentium G3258で追加したわけではなく、G3000番台から行っている。QSVに関しては、ドライバのバージョンなどによってPentium G2000番台でも動いてしまうこともあったが、G3000番台で正式にサポートしたことでPentiumによる格安エンコードPCの自作にも注目してみるといいかもしれない。

 TDPは53ワットという扱いになる。Pentiumは低消費電力版を除き、通常53ワットモデルと65ワットモデルを用意している。なお、同じ動作クロック設定のPentium G3250はTDPが65ワットで実売価格はPentium G3258と比べて安いものの1000円も違わない。

Pentium G3000番台2000番台の主な仕様
メーカー Intel Intel Intel
製品名 Pentium G3258 Pentium G3250 Pentium G2130
コードネーム Haswell Haswell Ivy Bridge
コア数 2 2 2
スレッド数 2 2 2
定格クロック 3.2GHz 3.2GHz 3.2GHz
プロセスルール 22ナノメートル 22ナノメートル 22ナノメートル
TDP 53ワット 65ワット 55ワット
メモリ DDR3 1333 DDR3 1333 DDR3 1333
メモリバス チャネル数 2 2 2
統合型グラフィックスコア Intel HD Intel HD Intel HD
ハードウェアデコーダ Intel Clear Video HD Intel Clear Video HD
ハードウェアエンコーダ Quick Sync Video 2.0 Quick Sync Video 2.0
ソケット LGA1150 LGA1150 LGA1150

kn_g3258rv_02.jpgkn_g3258rv_03.jpg Pentium G3258の仕様をCPU-ZとGPU-Zで確認する。基本的にはデュアルコアのHaswellだ。ただし、メモリがDDR3-1333までなので3D性能は期待できない

オーバークロックは4.5GHzで

 Pentium G3258を検証するシステム構成だが、オーバークロック設定状態を含めた検証を行うため、Intel Z97 Expressチップセット搭載マザーボードを用意した。一部、メーカーが独自にサポートする形でIntel H97 ExpressチップセットやIntel H81 Expressチップセットなどでもオーバークロックは可能だが、検証ではインテル公式サポートの組み合わせで行っている。また、グラフィクスカードは使用せず、統合型グラフィックスコアのパフォーマンスを計測した。

 なお、オーバークロックは4.5GHzで行った。今回の検証で用いたPentium G3258は、4.3GHzまでVcoreを1.33ボルト程度に持ち上げることで十分に対応できていたが、4.5GHzに引き上げると1.4ボルトでも安定せず、結局1.42ボルトまで持ち上げる必要があった。さすがに1.42ボルトまで引き上げると空冷では難しい。今回も、Core i7-4790Kと同様、240ミリサイズラジエータの簡易水冷キットに4基の12センチ径ファン(1700rpm)を取り付けている。

検証使ったシステム構成
CPU Pentium G3258 Pentium G3258/4.5GHz Pentium G3258/4.5GHz&DDR3-1600
動作クロック 3.2GHz 4.5GHz 4.5GHz&DDR3-1600
メモリクロック DDR3-1333 DDR3-1333 DDR3-1600
メモリ CFD Elixer W3U1600HQ-8G PC3-12800 DDR3 SDRAM 8Gバイト×2
マザーボード MSI Z97M GAMING
チップセット Intel Z97 Express
グラフィックス Intel HD Graphics
ストレージ OCZ Vector 150(Serial ATA 3.0、120GB)
OS 64ビット版 Windows 8.1 Pro
電源 Seasonic SS-1000XP(80PLUS Platinum、1000W)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.