ニュース
» 2014年09月04日 02時30分 UPDATE

Windowsタブもここまで安価に:東芝、“Windows搭載でも120ドル”の7型タブレット「Encore Mini」

IFA 2014に合わせて、東芝は120ドルと非常に安価な7型Windowsタブレットを投入。米国では受注を開始している。

[ITmedia]

 東芝は9月3日(米国時間)、IFA 2014の開催に合わせて、低価格の7型Windowsタブレット「Encore Mini」を発表した。米国の東芝直販サイトで受注を開始しており、9月17日の出荷予定。価格は119.99ドル(USドル)と、Windowsタブレットでは非常に安価だ。

tm_1409encore_mini_01.jpg 東芝「Encore Mini」

 主なスペックは、クアッドコアのAtom Z3735G(1.33GHz/最大1.83GHz)、1Gバイトメモリ、16GバイトeMMCのストレージ、1024×600ピクセルの7型ワイド液晶ディスプレイを搭載。プリインストールOSはWindows 8.1 Bingを採用し、Office 365 Personalの1年利用権が付属する。

 通信機能はIEEE802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0を内蔵。200万画素のメインカメラ、30万画素のインカメラ、Micro USB 2.0、microSDXCメモリーカードスロット(最大128Gバイト対応)、加速度センサー、電子コンパス、モノラルスピーカー、ヘッドフォン/マイク兼用端子を備えている。

 13ワットアワーのバッテリーを内蔵し、公称バッテリー駆動時間は最大約7.3時間。本体サイズは119.8(幅)×199(高さ)×10.9(奥行き)ミリ、重量は約350グラムだ。Windowsタブレットとしては珍しく、Windowsボタンがない。

tm_1409encore_mini_02.jpgtm_1409encore_mini_03.jpg 正面と背面
tm_1409encore_mini_04.jpgtm_1409encore_mini_05.jpg 縦位置で見た場合の上面と下面
tm_1409encore_mini_06.jpgtm_1409encore_mini_07.jpg 縦位置で見た場合の左側面と右側面

東芝ダイレクト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.