連載
» 2014年09月30日 11時30分 UPDATE

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:「Windows 9(仮称)」が今夜明らかに?――Microsoftイベントの見どころ (1/2)

日本時間の2014年10月1日深夜2時、米サンフランシスコで行われるWindows関連イベント。一体何が発表されるのか? 見どころをまとめた。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

米Microsoftが9月30日(現地時間)に開催するイベントとは?

tm_1409win81up4_01.jpg イベントで登壇すると予想されるテリー・マイヤソン氏。米MicrosoftのOSチームを統括する

 米Microsoftは9月30日、カリフォルニア州サンフランシスコで次期Windows OSのプレビューイベントを開催する。イベントの開始は米太平洋時間(PDT)で9月30日の午前10時から、日本時間では10月1日の午前2時からだ。

 このイベントの詳細は公開されていないが、テリー・マイヤソン氏とジョー・ベルフィオレ氏のWindows開発チームトップ2名によるプレゼンテーションが行われ、「Threshold(スレショルド)」の開発コード名や「Windows 9」の仮称でうわさされる次期Windowsの最新情報が明らかになるとみられる(OSの正式名称は不明)。

 次期Windowsの正式リリースは2015年春ごろの見込みだが、その半年ほど前に「テクニカルプレビュー」と呼ばれるβリリース版をイベントにて公開し、同日または数日内に一般ユーザーに配布開始すると予想されている。

 このテクニカルプレビューはすでに一部パートナー企業らに配られており、WinFutureComputerBaseといったドイツのWebサイトを中心に、その情報が漏れ伝わってきていた。

 例えばOSの機能面における変更では、デスクトップのスタートメニュー完全復活、スタートメニュー内でのスタート画面ライブタイル表示、スタート画面を経由せずにデスクトップで完結できるユーザーインタフェース(UI)、Modern UIアプリのウィンドウ表示、デスクトップのチャームバー廃止、アプリごとに異なる仮想の作業領域の割り当て、通知センターの改善、音声対応のパーソナルアシスタント「Cortana」などがうわさされている(以下の関連記事を参照)。

tm_1409win81up2_02.jpg ドイツのWinFuture(http://winfuture.de/news,83577.html)が掲載した次期WindowsらしきOSのスクリーンショット。WinFutureは、そのほかにも多数のスクリーンショットを掲載した

 もちろん、これは10月以降のタイミングで配布が開始されるテクニカルプレビューより前のバージョンであり、今回のイベントで公開されるとみられるバージョンはUIを含めて新しいものに入れ替わっている可能性も高い。とにかく、次期Windowsに関する最初の情報が一般公開される初のタイミングということで、期待は膨らむばかりだ。

 なお、今回の発表は「エンタープライズ向けの機能や取り組み」に関する内容の比重が高くなるとみられる。これはイベント招待状の文面に「Join us to hear about what's next for Windows and the enterprise.」とあるほか、現在リークされている次期Windowsに関する情報の多くが「Technical Preview for Enterprise」というバージョンのものだからだ。イベントでプレビューされるWindowsも、その1つはエンタープライズ向けバージョンとなる可能性が高い。

tm_1409win81up2_01.jpg 米メディア各社に届いたイベントの招待状。文面から、次期Windowsに加えて、エンタープライズ向けの取り組みが発表されるようだ

 現状ではUIの大きな変更と検証問題などの理由から、Windows 8/8.1の導入をためらう企業ユーザーは多い。次期Windowsの発表により、こうした抵抗感を払拭するのがイベントの大きな狙いの1つと考えられる。

ライブストリーミング中継はあるのか?

 今回のイベントは日本のメディアであまり紹介されていないが、メディア関係者とアナリストを合わせて50名程度と非常に限られた範囲でしか招待されていないようだ。筆者も同社に掛け合ってみたものの、参加は難しいとの結論に至った。

 となると、最近のこの手のイベントでは恒例となっているライブストリーミングによる中継があるのか気になるところだ。しかし、現時点(日本時間9月30日11時)でMicrosoftが提供する「News Center」と「Blogging Windows」には何のアナウンスもなく、発表会直前まで中継があるのかさえ分からない。ただしMicrosoftによれば、これら公式サイト経由でイベント後に発表内容を改めて公開していく意向という。

 一方、The Vergeなど招待された一部メディアでは、独自にLive Bloggingによる中継を行うことを予告している。もしライブストリーミング中継が公式に行われない場合、少しでも情報を早く知りたい方は、これらが頼りになるだろう。

 筆者自身、実はイベントの開催時間はニューヨークからサンフランシスコに向かって飛行機で移動中のタイミングだ。飛行機の中からインターネット経由でMicrosoft公式の発表内容を確認し、可能な限り早いタイミングで情報をまとめてお送りしたい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.