ニュース
» 2014年10月10日 12時00分 UPDATE

2014年PC秋冬モデル:JBLスピーカーとDLPプロジェクタ内蔵モデルも登場──レノボ「YOGA Tablet 2」

独特の形状を採用するレノボのタブレットが画面サイズと導入OSのバリエーションを拡大した。10.1型ディスプレイ搭載Windowsモデルでは専用の外付けキーボードも用意する。

[ITmedia]

壁掛けできる「ハングモード」を追加

 レノボ・ジャパンは、10月10日にYOGAタブレットの新シリーズ「YOGA Tablet 2」を発表した。登場するラインアップでは、画面サイズが異なる3シリーズをそろえるほか、OSも従来のAndroidに加えてWindows 8.1 with Bing導入モデルも用意する。今回登場するモデルの出荷開始時期、ならびに実売予想価格は以下の通りだ。

製品名 OS 画面サイズ 出荷開始予定 実売予想価格(税別)
YOGA Tablet 2-830F Android 4.4 8型 10月17日 2万9500円前後
YOGA Tablet 2-1050F 10.1型 10月17日 3万4500円前後
YOGA Tablet 2 Pro-1380F 13.3型 11月中旬 5万9500円
YOGA Tablet 2-851F Windows 8.1 with Bing 8型 11月下旬 3万4500円前後
YOGA Tablet 2-1051F 10.1型 10月下旬 5万4500円

 すべてのモデルで、従来のYOGA Tabletと同じシリンダー形状のバッテリーと背面の回転式キックスタンドを搭載して、「ホールドモード」「スタンドモード」「チルドモード」と利用方法に合わせた本体の置き方を用意している。YOGA Tablet 2では、キックスタンドに“穴”を設けることで、壁などに設けた突起にかけて使う「ハングモード」も利用できるようになった。

 搭載するCPUとシステムメモリの容量もすべてのモデルで共通する。CPUはAtom Z3745(1.33GHz/最大1.86GHz、4コア4スレッド、2次キャッシュメモリ2Mバイト、SDP2ワット)で、システムメモリはLPDDR3を2Gバイト載せている。

 YOGA Tablet 2 Proは、解像度2560×1440ピクセルの13.3型ディスプレイを搭載したモデルで、OSにAndroid 4.4を導入した構成だけを用意する。本体サイズは333(幅)×223(奥行き)×3.6〜12.6(厚さ)ミリで、重さは約950グラム。この状態で容量9600mAhのバッテリーを内蔵して駆動時間は約15時間となる。

 本体搭載のインタフェースはmicro USBにmicroSDカードスロットを備えるほか、無線接続ではIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。サウンド関連ではJBLのスピーカーを2基+サブウーファー1基を内蔵する。また、液晶ディスプレイ下部のシリンダー部分の右側面側にはDLPピコプロジェクタを組み込んでいる。

kn_yoga2tab_01.jpg YOGA Tablet 2 Pro

 Android 4.4を導入した8型ディスプレイ搭載のYOGA Tablet 2-830Fは本体サイズが210(幅)×149(奥行き)×2.7〜7(厚さ)ミリで、重さは約419グラム。この状態で容量6400mAhのバッテリーを搭載して駆動時間は約18時間になる。ディスプレイの解像度は1920×1200ピクセルだ。本体搭載のインタフェースにはmicro USBにmicroSDカードスロットを備えるほか、無線接続ではIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。

 Android 4.4を導入して10.1型ディスプレイを搭載するYOGA Tablet 2-1050Fは本体サイズが255(幅)×183(奥行き)×3〜7.2(厚さ)ミリで、重さは約619グラム。この状態で容量9600mAhのバッテリーを搭載して駆動時間は約18時間になる。そのほか、解像度や本体搭載インタフェース、利用できる無線接続などの仕様はYOGA Tablet 2-830Fと共通する。

kn_yoga2tab_02.jpg YOGA Tablet 2-830F

 32ビット版 Windows 8.1 with Bingを導入して8型ディスプレイ搭載のYOGA Tablet 2-851Fは本体サイズが210(幅)×149(奥行き)×2.7〜7(厚さ)ミリで、重さは約426グラム。この状態で容量6400mAhのバッテリーを搭載して駆動時間は約15時間になる。また、標準でMicrosoft Office Home and Business 2013が付属する。そのほかの仕様はYOGA Tablet 2-850Fと共通する。

 同じく、32ビット版 Windows 8.1 with Bingを導入して10.1型ディスプレイ搭載のYOGA Tablet 2-1051Fは、本体のサイズと搭載するバッテリー、はYOGA Tablet 2-1050Fと共通する。重さは約629グラムでバッテリー駆動時間は約15時間だ。そのほかの仕様はYOGA Tablet 2-850Fと共通する。また、標準でMicrosoft Office Home and Business 2013が付属するのはYOGA Tablet 2-851Fと同じだ。

kn_yoga2tab_03.jpg YOGA Tablet 2-1051F

 なお、YOGA Tablet 2-1051Fには、外付けタイプのキーボードを用意する。本体下部のシリンダー形状部分に磁力で取り付けることができるほか、キーボードを取り付けたまま、クラムシェルタイプのノートPCのように本体を畳んで持ち運べる。

kn_yoga2tab_04.jpg YOGA Tablet 2-1051Fには、外付けタイプのキーボードを用意する


関連キーワード

YOGA TABLET | レノボ | Android 4.4 | Windows 8.1


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.