レビュー
» 2014年11月07日 18時00分 UPDATE

注目2in1ノートレビュー:4万5800円の2in1はどこまで使えるのか? 「HP Pavilion x2 10」を試す (1/3)

“デタッチャブル”2in1スタイルで1キロを切る10型モデルが登場した。Bay Trail-M世代のAtomを採用し、使用場所を選ばない“お手ごろ価格”の実力は?

[石川ひさよし,ITmedia]
ココが「○」
・実売価格が4万5800円から
・デタッチャブルで1キロ切る
・打ちやすいキーボード
ココが「×」
・解像度が1280×800ピクセル
・システムメモリ2Gバイト
・オンラインストレージ利用が前提

キーボードカバー込みで1キロを切る軽量2in1

 「2in1」というキーワードのもとに、多彩なスタイルの製品が登場してきたが、いま、多くのユーザーが注目するのがスレートスタイルの本体と着脱可能なキーボードカバーというスタイルだ。MicrosoftのSurfaceがきっかけとなったこのカテゴリーに、ヒューレット・パッカードが「HP Pavilion x2 10」を投入した。

 CPUにBay Trail-T(開発コード名)世代のAtom Z3745D(1.33GHz/最大1.83GHz、SDP 2.2ワット)を採用し、OSには32ビット版 Windows 8.1 with Bingを導入することで、Androidタブレットとも競合できる価格を実現している。ラインアップには日本HPの直販サイト「HP Directplus」限定で価格が4万5800円のモデルと、「Microsoft Office Home and Business 2013」が標準で付属する実売予想価格6万円前後の量販店向けモデルを用意する。

kn_pvlnx210_01.jpg 32ビット版 Windows 8.1 with Bingを導入した「HP Pavilion x2 10」は、10.1型ディスプレイを搭載した2in1ノートPCだ。今回検証するHP Directplus限定モデルだ

 重さは本体が約600グラム、ソフトカバーキーボード装着状態で約930グラムだ。システム構成が近い10.1型ディスプレイ搭載モデルの東芝「dynabook Tab S50」と比べると、本体では45グラム重いが、キーボード装着状態では65グラムほど軽い。

 キーボードユニットで本体を支えなければならないデタッチャブルの2in1ノートでは、キーボードユニットを重くせざるを得ず、そのため、10.1型ディスプレイ搭載モデルでは1キロを超えてしまうケースが多い。それと比べると、Pavilion x2 10は軽い。

 スレートタイプの本体サイズは、約264(幅)×170(奥行き)×9.6(厚さ)ミリで、重さが約600グラムだ。10.1型ディスプレイを搭載したタブレットとしては比較的軽量で、常時持ち歩いても負担は少ない。ディスプレイの解像度は1280×800ドットだ。10.1型というやや小さめなディスプレイで使うがゆえに、標準でも文字が見やすいのはメリットだが、(Android導入ながら)同じサイズのディスプレイを採用するデバイスでも解像度が1920×1080ピクセルや1920×1200ピクセルというモデルも増えているので、そういう意味では表示できる情報量の少なさが気になる。なお、IPSパネルを採用しているため、視野角は広く発色もよい。

kn_pvlnx210_02.jpgkn_pvlnx210_03.jpg 液晶ディスプレイのサイズは10.1型で解像度は1280×800ピクセル。IPSパネルを採用して視野角も発色も良好だ(写真=左)。裏面中央にHPロゴを配置。タブレットとしては一般的なサラサラした表面処理だ(写真=右)

 本体搭載のインタフェースは、上部に電源ボタン、左側面にヘッドセット端子、右側面にボリュームボタン、Windowsボタン、microSDスロット、Micro HDMI、USB 3.0(A端子)、micro USB(充電兼用)、そして、下部にドッキングコネクタを備える。

kn_pvlnx210_04.jpgkn_pvlnx210_05.jpg 上部にあるのは電源ボタン(写真=左)。下部にはキーボードカバー用のドッキングコネクタを装備(写真=右)

kn_pvlnx210_06.jpgkn_pvlnx210_07.jpg 左側面にはヘッドセット端子を備える(写真=左)。主なインタフェースは右側面に集中しており、左から充電兼用のmicro USB、USB 3.0(A端子)、Micro HDMI、microSDスロット、少し空いてWindowsボタンとボリューム調整ボタンがある(写真=右)

 デタッチャブル方式の2in1の場合、キーボードと本体はBluetoothで接続するモデルが多いが、HP Pavilion x2 10ではドッキングコネクタによる有線接続を採用している。そのため接続は確実で、キーボードが認識できなくなって再接続など右往左往することがない。

 Windowsを導入するタブレットでは、ビジネス用途においてデスクトップモードを多用することになるが、USB(A端子)を備えているため、USB接続のマウスをそのまま接続することができる。このほかにも、デスクトップPCやノートPCで通常使用しているUSB接続機器をHP Pavilion x2 10で同様に使うことが可能だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.