ニュース
» 2014年11月28日 15時00分 UPDATE

1万9800円!:スティック型の極小Windows 8.1搭載PCが登場

マウスコンピューターは、Windows 8.1を搭載したスティック型PC「m-Stick MS-NH1」を発表した。重さわずか44グラムの手の平にすっぽりと収まるサイズだ。ちっさ!

[ITmedia]

 マウスコンピューターは11月28日、OSに32ビット版Windows 8.1 with Bingを採用する超小型PC「m-Stick MS-NH1」を発表、12月5日より発売する。価格は1万9800円(税込み、送料込み)。

og_ms-nh1_001.jpg m-Stick MS-NH1

 スティック型の本体にHDMI出力を搭載し、直接テレビやディスプレイと接続して利用できる極小PC。CPUはクアッドコアのAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz)、2Gバイトメモリ(DDR3L)、32GバイトSSD(eMMC)を搭載する。

 インタフェースは、本体上面にフルサイズのUSB 2.0、左側面にHDMI出力、右側面にSDXC対応micro SDメモリーカードスロットを備える。無線機能として、IEEE802.11b/g/n対応無線LANとBluetooth V4.0+LEも装備。ACアダプタで給電を行う仕様だ。本体サイズは、100(幅)×38(奥行き)×9.8(高さ)ミリ(端子含まず)、重量は約44グラム。

og_ms-nh1_002.jpg 使用イメージ

 なお、製品パッケージには、USB−ACアダプターと電源供給用USBケーブルのほか、HDMI延長ケーブルも付属している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.