ニュース
» 2014年12月17日 12時40分 UPDATE

サードウェーブデジノス、ベーシックノートPC「Critea DX4」に税別5万円台のフルHD液晶モデルを追加

サードウェーブデジノスは、15.6型フルHD液晶を内蔵したCeleron搭載ベーシックノートPC「Critea DX FHD」を発表した。

[ITmedia]
photo Critea DX FHD

 サードウェーブデジノスは12月17日、15.6型フルHD液晶を内蔵したCeleron搭載ベーシックノートPC「Critea DX FHD」を発表、本日より販売を開始した。標準構成価格は5万5980円だ(税別)。

 同社製の低価格ノートPC「Critea DX4」シリーズのバリエーションモデルで、1920×1080ピクセル表示対応の15.6型ワイド液晶を装備した。CPUはCeleron 2950M(2GHz)を搭載、OSはWindows 8.1を導入している(Windows 7モデルも用意)。

 メモリは2Gバイト、ストレージは500GバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+HSも利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.