レビュー
» 2014年12月25日 21時30分 UPDATE

10.1型「ヨガタブ2」徹底検証(後編):AndroidとWindowsで同じ設計のタブレット――「YOGA Tablet 2-10」を横並びテストして分かったこと (1/3)

シリンダーフォルムと内蔵スタンド機構が目を引く「YOGA Tablet 2-10」。レビュー後編は、AndroidモデルとWindowsモデルを横並びでじっくりテストしていこう。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

←・10.1型「ヨガタブ2」徹底検証(前編):“銀のAndroid”と“黒のWindows”――どちらも選べる「YOGA Tablet 2-10」を使い比べてみた

ココが「○」
・内蔵スタンドで4モードに変化
・明るく広視野角の高精細液晶
・長時間バッテリー駆動
ココが「×」
・ストレージ容量が少ない
・本体装備の端子類が少ない
・Windowsモデルはやや割高

レビュー後編は各種テストでWindows/Androidモデルをじっくり比較する

 片側が丸く膨らんだシリンダーボディと内蔵スタンドにより、4つもの利用スタイルに対応するレノボ・ジャパンの10.1型Androidタブレット「YOGA Tablet 2-10」は、画一的になりがちなタブレット製品にあって、独自の魅力を放っている。

 先日お届けしたレビュー前編では、10.1型Androidモデル「YOGA Tablet 2-1050F」と10.1型Windowsモデル「YOGA Tablet 2-1051F」について、共通の特徴と異なる部分をチェックした。

 今回のレビュー後編では、AndroidとWindowsの両OSに対応したベンチマークテストを中心に、パフォーマンスやバッテリー駆動時間、ボディの発熱などを比較していく。

tm_1412_yoga_2_2_01.jpg 左がAndroid 4.4搭載の「YOGA Tablet 2-1050F」、右が32ビット版Windows 8.1 with Bing搭載の「YOGA Tablet 2-1051F」。実売価格は、Androidモデルが3万台前半、Bluetoothキーボードカバーが付属するWindowsモデルが4万円台後半だ(いずれも税込)

Androidタブレット、Windowsタブレットとしての基本性能は?

 それでは定番ベンチマークテストの結果を見てみよう。ハードウェアに目新しいところはないが、YOGA Tablet 2-10はAndroidタブレットとWindowsタブレットでほぼ同じスペックを採用しており、その点で興味深い。主なスペックは下表にまとめた通りで、CPUやメモリ、画面解像度は変わらず、ストレージの容量が異なる。

「YOGA Tablet 2-10」の基本スペック
製品名 YOGA Tablet 2-1050F YOGA Tablet 2-1051F
OS Android 4.4 32ビット版Windows 8.1 with Bing
画面サイズ(液晶方式) 10.1型ワイドIPS(1920×1200ピクセル) 10.1型ワイドIPS(1920×1200ピクセル)
CPU Atom Z3745(1.33GHz/最大1.86GHz) Atom Z3745(1.33GHz/最大1.86GHz)
GPU Intel HD Graphics Intel HD Graphics
メモリ 2Gバイト(LPDDR3) 2Gバイト(LPDDR3)
ストレージ(評価機実装) 16Gバイト 32Gバイト(Samsung MBG4GC)
バッテリー動作時間 約18時間 約15時間
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 約255×183×3〜7.2ミリ 約255×183×3〜7.2ミリ
重量(実測値) 約619グラム(639グラム) 約629グラム(632グラム)

 最初に、Android 4.4搭載モデルのYOGA Tablet 2-1050Fで定番AndroidベンチマークテストであるQuadrant Professional EditionとAnTuTu Benchmarkを実行した。参考までにテスト結果は13.3型Androidタブレット「YOGA Tablet 2 Pro」と比べている。スコアを見ると、現行10型クラスのAndroidタブレットとして最速レベルからは差があるものの、中程度のスコアと言える。

tm_1412_yoga_2_2_02.jpgtm_1412_yoga_2_2_03.jpg Quadrant Professional Edition 2.1.1のスコア
tm_1412_yoga_2_2_04.jpgtm_1412_yoga_2_2_05.jpg AnTuTu Benchmark 5.3のスコア

 次にWindows版のみが用意されているテストで、WindowsモデルであるYOGA Tablet 2-1051Fの性能をチェックした。実行したテストは、CINEBENCH R11.5(CPU性能評価)、CrystalDiskMark 3.0.3(ストレージ性能評価)、PCMark 7(PC総合性能評価)、FF14ベンチことFINAL FANTASY XIV:新生エオルゼアベンチマーク キャラクター編(3Dゲーム描画性能評価)の4種類だ。参考までにテスト結果は同サイズの「ThinkPad 10」と比較した。

 CrystalDiskMarkではタブレットとして随分よいスコアが出ているが、CPUパワーの目安となるCINEBENCH R11.5のCPUスコアは1.24で、ThinkPad 10の86%相当となる。最大クロック1.86GHzのAtom Z3745としては妥当なスコアだろう。PCMark 7の総合スコアもThinkPad 10の93%に相当する2431と、Atom Z3000シリーズ搭載のタブレットとしては順当なスコアだ。FF14ベンチのスコアはThinkPad 10よりも少しよかった。もちろん、Windows 8.1の基本操作は軽快に行える。

tm_1412_yoga_2_2_06.jpgtm_1412_yoga_2_2_07.jpg CINEBENCH R11.5のスコア(グラフ=左)。CrystalDiskMark 3.0.3のスコア(グラフ=右)
tm_1412_yoga_2_2_08.jpgtm_1412_yoga_2_2_09.jpg PCMark 7 1.4.0のスコア(グラフ=左)。FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼアベンチマーク キャラクター編のスコア(グラフ=右)

 次にAndroidとWindowsの両方に対応したクロスプラットフォームのベンチマークテストを実施し、2つのモデルで性能を比べてみよう。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.