ニュース
» 2015年01月08日 13時40分 UPDATE

パイオニア、オーディオCDの“再生品質”チェック機能も備えた内蔵型BDドライブ「BDR-S09J-X」

パイオニアは、SATA接続対応の5インチベイ内蔵型Blu-ray Discドライブ「BDR-S09J-X」を発表。新たにオーディオCDの再生品質チェック機能を搭載した。

[ITmedia]
photo BDR-S09J-X

 パイオニアは1月8日、5インチベイ内蔵型Blu-ray Discドライブ「BDR-S09J-X」を発表、1月下旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は3万3000円前後だ(税込み)。

 SATA接続に対応した内蔵型Blu-ray Discドライブで、新たにオーディオCDの再生品質をチェックできる「オーディオCDチェック機能」を搭載し、低品質の場合には設定変更などの対処方法が表示可能となっている。また、従来モデル同様のオーディオCD読み取り機能「PureRead (原音再生)」やデータ補完の発生頻度を低減する「RealTime PureRead」なども装備。塗装によりディスクトレイの防振性と筐体の放熱性を高めているのも特徴だ。

 ソフトウェアはCyberLink製再生ソフト「PowerDVD12」、動画編集ソフト「PowerDirector 10」などが付属する。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.