ニュース
» 2015年02月13日 21時31分 UPDATE

Air対抗:「ASUS TransBook Chi」は“Air”より薄くてパワフルな究極のドリームマシン

ASUSが2015年PC/タブレットの春モデルを披露。実機を写真で見ていこう。

[ITmedia]

 ASUSTeK Computerは2月13日、2015年PC春モデルとして10シリーズを発表した。2月20日より順次発売する。

 内訳は、新シリーズの薄型2in1ノート「ASUS TransBook Chi」、同じく2in1の「ASUS TransBook T100」、高性能モバイルノートPC「ASUS ZenBook UX305FA」、コスパ重視のモバイルノートPC「ASUS EeeBook X205TA」、R.O.GブランドのゲーミングノートPC「ASUS G」、4K液晶を搭載したエンターテイメントノートPC「ASUS N」、スタンダードノートPC「ASUS X」、液晶一体型の「ASUS All-in-One PC」とタワー型デスクトップPC「M70AD/K31AN」、およびWindowsタブレット「ASUS Vivo Tab」の全22モデル。

og_asus_001.jpg 同日行われた製品発表会で「ASUS TransBook Chi」を紹介するASUSのジョニー・シー会長

 各モデルの詳細や価格、発売日は以下に挙げた個別のニュース記事を参照してもらうとして、ここでは同日行われた製品発表会の様子や実機を写真で見ていこう。

Airよりも薄く、Airよりもパワフルな「究極のドリームマシン」

 ASUSが投入した2015年春モデルで目玉となるのが薄型2in1ノートPC「ASUS TransBook Chi」シリーズだ。すでに2015 CESでも披露されているが、国内市場向けに投入されるモデルのスペックや価格が気になっていた方も多いだろう。

 発表会に登壇したジョニー・シー会長は、“Air”(空気)に対する“Chi”(氣)という構図で、ASUS TransBook Chiシリーズのコンセプトを語り、「Airよりも薄く、Airよりも洗練されていて、Airよりもパワフルなドリームマシン」とアピールとアピールする。

og_asus_002.jpg 自分たちを取り巻く空気が、身体に感覚を与え、“可能なことをなし得る源泉”である一方、Chi(氣)は目には見えないが確かに自分たちに秘められていて、不可能なことをなし得るために、空気よりもずっと強く自分たちを前進させてくれるエネルギーとなる――空気と氣がMacBook AirとChiとの対比になっている

og_asus_003.jpg デタッチャブルな2in1ノートながら厚さはわずか16.5ミリ。「Airよりも薄い」と胸を張るシー会長

og_asus_004.jpg CPUにCore M-5Y71(1.2GHz/最大2.9GHz)を採用する12.5型の上位モデルは、iPad Airの約2倍の性能を発揮するという

 国内向けモデルのラインアップは、12.5型の「ASUS TransBook T300 Chi」、10.1型の「ASUS TransBook T100 Chi」、8.9型の「ASUS TransBook T90 Chi」の3機種。このうち、ASUS TransBook T300 Chiは、液晶解像度や(2560×1440ピクセルもしくは1920×1080ピクセル)メモリ容量、Officeの有無などで3モデル、ASUS TransBook T90 Chiはストレージ容量の違いで2モデルが用意されている。

 コストパフォーマンスが高く、ASUS TransBook T300 Chiが9万9800円から、ASUS TransBook T100 Chiが7万3800円から、ASUS TransBook T90 Chiが4万5800円からとアグレッシブな価格設定になっているのも目を引く(すべて税別)。

og_asus_005.jpg 液晶ディスプレイのサイズで3機種を用意

og_asus_006.jpg 「ASUS TransBook Chi」シリーズの価格

 洗練された薄型ボディも特徴だ。ダークブルーで統一された落ち着いたデザインだが、天板とキーボード面にアルミを用い、斜め45度でダイヤモンドカットされたボディのエッジが光を反射してデザイン上のアクセントになっている。

og_asus_007.jpg 液晶ディスプレイ部とキーボードユニットが分離する2in1ながら約16.5ミリと非常に薄いボディを実現した「ASUS TransBook T300 Chi」

og_asus_008.jpgog_asus_009.jpg シー会長が「クラフトマンシップをひきたてるダイヤモンドカット」と語るボディのエッジ処理。タッチパッドのフチも切り落とされている

og_asus_010.jpgog_asus_011.jpg 10.1型モデル「ASUS TransBook T100 Chi」は、CPUにAtom Z3775(1.46GHz/最大2.39GHz)を採用。国内向けに販売されるのはOfficeを搭載した1モデルのみになる。タブレット部は鉛筆よりも薄い7.2ミリ

og_asus_012.jpgog_asus_013.jpg 8.9型(1280×720ピクセル)の「ASUS TransBook T90 Chi」。タブレット部の重量が約400グラム、キーボードユニットをあわせても約750グラムにおさまっている

 このほか発表会場には、薄型モバイルノートPCの新モデル「ZenBook UX305FA」をはじめ、2015年春モデルが展示されていた。

og_asus_014.jpgog_asus_015.jpg 13.3型(1920×1080ピクセル)モバイルノート「ZenBook UX305FA」。Core M-5Y71(1.2GHz/最大2.9GHz)を搭載し、8Gバイトメモリと128GバイトSSDを搭載した構成で9万9800円(税別)というコストパフォーマンスが魅力。ファンレス構造になり静音性が向上した

og_asus_016.jpgog_asus_017.jpg SIMフリーLTE対応の10.1型2in1ノート「ASUS TransBook T100」(写真=左)と、11.6型モバイルPC「ASUS EeeBook X205TA」(写真=右)

og_asus_018.jpgog_asus_019.jpg 4K解像度(3840×2160ピクセル)の液晶ディスプレイを搭載し、4つのスピーカーを内蔵するエンターテインメント向けノート「ASUS N550JX」(写真=左)。17.3型スタンダードノートPC「ASUS X751LDV」(写真=右)

og_asus_020.jpgog_asus_021.jpg R.O.Gブランドの17.3型ゲーミングノート「ASUS G750JY」。GPUにGeForce GTX 980Mを採用する

og_asus_022.jpgog_asus_023.jpg 液晶一体型の「ASUS All-in-One PC」シリーズとデスクトップPCシリーズも刷新された

 ジョニー・シー会長は、「2014年は特に着脱式2in1の市場で(ASUSが)圧倒的なリーダーになった。この勢いに乗ってさらに素晴らしいデバイスを投入していく」と語り、日本市場においても2in1ノートPC、タブレット、SIMフリーのスマートフォン、マザーボード、グラフィックスカードの5つの分野でナンバー1を目指すとした。

※記事初出時、TransBook Chiの性能比較で、キャプションに誤りがありました。正しくは「iPad Airと比べて」約2倍の性能を発揮する、です。おわびして訂正いたします


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.