ニュース
» 2015年03月20日 13時33分 UPDATE

ASUS、DSD再生もサポートしたハイレゾ対応USB DAC「Essence」

ASUSTeKは、ハイレゾ音源対応のUSB DAC「Essence」シリーズを発表。グレードに応じ3モデルを用意している。

[ITmedia]

 ASUSTeKは3月20日、ハイレゾ音源対応のハイグレードUSB DAC「Essence」シリーズを発表、本日より販売を開始する。価格は下位の「Essence One MKII」が11万円前後、中位の「Essence One MKII MUSES Edition」が14万5000円前後、上位の「Essence III」が25万円前後だ(いずれも税込み)。

photophotophoto Essence One MKII(左)、Essence One MKII MUSES Edition(中)、Essence III(右)

 3製品はいずれもDSDフォーマットの再生に対応したUSB DACで、Essence One MKII/同 MUSES Editionは2.8MHz、上位のEssence IIIは2.8MHz/5.6MHz再生が可能だ。いずれもリニアPCM再生は最大192kHz/24ビットまでサポートしている。

 下位のEssence One MKIIは、同社製従来モデル「Xonar Essence One」をベースにDSD再生対応を行ったモデルで、8倍アップサンプリング機能を搭載した。またEssence One MKII MUSES EditionはEssence One MKIIからオペアンプを変更したバリエーション製品で、ローパスフィルタ部のオペアンプを新日本無線製の「MUSES 01」に変更しているのが特徴だ。

 最上位モデルとなるEssence IIIは、出力端子としてヘッドフォン向けのバランス出力となるminiXLR出力を搭載。下位モデル同様のXLR/RCA出力も備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.