ニュース
» 2015年03月24日 19時04分 UPDATE

HGST、ヘリウムガス充填HDD「Ultrastar He6」「Ultrastar He8」の平均故障間隔を250万時間に拡大

出荷累計は100万台を超え、2017年には約50%のHDDがヘリウムガスを封入するという。

[ITmedia]

 HGSTは、ヘリウムガス封入技術「HelioSealプラットフォーム」を採用したHDDで容量が6Tバイトの「Ultrastar He6」と容量8Tバイトの「Ultrastar He8」の平均故障間隔(MTBF:Mean Time Between Failure)が250万時間を達成したと発表した。

kn_hgst_01.jpg Ultrastar He8

 HelioSealプラットフォームは、ヘリウムガスをHDD内部に充填することで、プラッタの回転に使う消費電力を約23%削減するほか、ストレージ密度の向上、発熱量の削減、ドライブを密閉することによる耐久性の向上、そして、プラッタ振動の削減とそれによる信頼性の向上を可能にしている。

 同時にHGSTは、HelioSealプラットフォーム採用HDDの出荷累計100万台を達成したことも明らかにしたほか、現在容量10Tバイトモデルを製品化し、2017年にはエンタープライズ向けHDDの約50%がヘリウムガス充填モデルになるとの見通しを示した。

関連キーワード

HDD | HGST | MTBF


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.