ニュース
» 2015年04月20日 11時54分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:USB 3.1対応マザーがMSI以外からも続々登場! (1/4)

新規格のUSB 3.1に対応したマザーボードがASUSTeKとASRockから計5モデル登場した。インタフェースカード単品でも売られており、一気に導入しやすい環境になったといえる。さて、将来性やいかに。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「夏にかけて対応機器が色々出てからでしょうね」――USB 3.1の需要

 先週は新規格「USB 3.1」に対応するマザーボードが複数のメーカーから登場した。ASUSTeKからはX99搭載の「RAMPAGE V EXTREME/U3.1」(7万2000円弱)と「X99-DELUXE/U3.1」(6万2000円弱)の2モデル、ASRockからはX99搭載の「X99 Extreme4/3.1」(3万8000円弱)とZ97搭載の「Z97 Extreme6/3.1」(2万7000円弱)と「Z97 Extreme4/3.1」(2万2000円弱)の3モデルの発売が確認されている。

 いずれも既存のラインアップにUSB 3.1ポートを持つインタフェースカードを同梱したもので、ASRockはカード単体でも「USB 3.1/A+C Card」(6500円前後)として売り出し中だ。

og_akibapickup_001.jpg ASUSTeKの「RAMPAGE V EXTREME/U3.1」と「X99-DELUXE/U3.1」

og_akibapickup_002.jpg ASRockの「Z97 Extreme4/3.1」と「X99 Extreme4/3.1」

 USB 3.1はUSB 3.0から転送速度やバスパワーが強化された新規格で、転送速度は2倍の10Gbps、供給電力は100ミリアンペアアップの1000ミリアンペアとなる。対応するマザーボードは3月末にMSIから「X99A SLI Krait Edition」(4万円弱)と「Z97A GAMING 9 ACK」(4万3000円弱)が登場しており、同社の対応ラインアップはその後も増えているが、他社製品が投入されたのは今回が初めてだ。

 この流れについて、某ショップは「多くのメーカーはUSB 3.1の動作チェックに時間がかかって、タイミングが後ろ倒しになったみたいですね。基板に組み込みではなく、インタフェースカードを付属するかたちで投入しているのも、ギリギリまでテストして即出荷するための作戦とみることもできます。まあ、これで業界的にはあらかた動作チェックが済んだみたいなので、これから徐々に対応製品が増えてくるのではと思います」と推測していた。

 ユーザーからのUSB 3.1の反響については、まだあまりないようだ。パソコンハウス東映は「何しろ対応デバイスがまだありませんから。早ければ4月末にも外付けHDDケースなどが登場するようですが、USBメモリや他のジャンルが充実してくるのは、もうちょっと時間がかかるでしょう。USB 3.0も普及はゆっくりめでしたし」と話していた。

 直近の売れ行きにはそれほど大きな影響を与えないが、いずれは高い確率で一般化する、といった見方が大半で、今回の新製品ラッシュも長い目で見守る構えのショップが多い印象だ。

og_akibapickup_003.jpgog_akibapickup_004.jpg ASRockの単品カード「USB 3.1/A+C Card」。A型とC型のポートを各1基備えている

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.