ニュース
» 2015年04月20日 16時01分 UPDATE

マウスコンピューター、スティックPC「m-Stick」にWindows Embedded 8.1搭載の業務向けモデルを追加

マウスコンピューターは、スティックPC「m-Stick」シリーズのラインアップにWindows Embedded搭載の特定業務用モデルを追加した。

[ITmedia]
photo m-Stick MS-NH1-EMBD

 マウスコンピューターは4月20日、スティックPC「m-Stick」シリーズにWindows Embedded搭載の業務向けモデル「m-Stick MS-NH1-EMBD」を追加、本日より販売を開始する。価格は3万9800円(税別)。

 OSとして、Windows Embedded 8.1 Industry Pro 32ビット版を導入した特定業務向けPCで、AC電源の投入で自動起動を行える専用BIOSを導入しているのが特徴だ。

 プロセッサはAtom Z3735F (1.33GHz)、メモリは2Gバイト、ストレージはeMMC 32Gバイトを内蔵。IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+KE、USB 2.0×1も利用可能だ。本体サイズは100 (幅)×38(奥行き)×10(高さ)ミリ、重量は約45グラム。


 このほか、Windows Embedded 8.1 Industry Pro導入の省スペース型PC「MousePro M-EMBD」シリーズの新モデル2製品もあわせて発表された。搭載CPUを第5世代Coreプロセッサとしたモデルで、ラインアップはCeleron 3205U(1.5GHz)搭載の「MousePro-M500E-EMBD」とCore i3-5010U(2.1GHz)搭載の「MousePro-M500B-EMBD」の2製品を取り揃えた。価格はそれぞれ5万6800円/7万6800円だ(税別)。

top_features1_icon_1_1422933195.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
超コンパクトなスティック型PC「m-Stick MS-NH1」が人気沸騰! 4K対応IGZO液晶+GTX 970Mの快速ゲーミングノートも!!


マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.