ニュース
» 2015年04月23日 13時43分 UPDATE

センチュリー、10.1型サブ液晶「plus one HDMI」のリニューアルモデルを発売

センチュリーは、10.1型ミニ液晶ディスプレイ「plus one HDMI」の新モデルを発表。液晶パネルをMVAパネルに変更した後継製品だ。

[ITmedia]

 センチュリーは4月23日、10.1型ミニ液晶ディスプレイ「plus one HDMI」の新モデル(型番:LCD-10000VH3)を発表、4月25日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2万7000円(税別)。

photophoto LCD-10000VH3。映像入力でHDMI、アナログD-Sub、コンポジットビデオの3系統を装備した

 IPSパネル採用モデルとなる従来製品「LCD-10000VH2」の後継機種で、パネルをMVAグレアパネルに変更した。

 そのほかの特徴はLCD-10000VH2にほぼ準じ、映像入力はHDMI、アナログD-Sub,コンポジットビデオの3系統を装備。表示解像度は1280×800ピクセルで、電源はUSBバスパワーまたはACアダプタでの動作に対応した。出力1ワットのモノラルスピーカーを内蔵。本体サイズは252(幅)×175(高さ)×32(奥行き)ミリ、重量は約670グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.