ニュース
» 2015年06月02日 19時35分 UPDATE

Iris Pro graphics 6200内蔵:Intel、第5世代Coreに“Broadwell-H”の4コアモデル投入

米IntelがIris Pro graphics 6200を搭載するデスクトップ向けCPUを発表。同TDPの第4世代製品と比較してグラフィックス性能を2倍に向上した。

[ITmedia]

 米Intelは6月2日、第5世代Coreプロセッサのラインアップとして、デスクトップPCおよびノートPC向けに新たな10製品を追加した。

 デスクトップPC向けに投入されるのは「i7-5775C」「i7-5775R」「i5-5675C」「i5-5675R」「i5-5575R」の5製品。いずれもTDPが65ワットのモデルで、デスクトップPC向けで初めて統合グラフィックスにIris Proを採用したのが特徴だ。なお、LGA1150ソケットに対応するのは型番末尾に「C」がついた2製品となる。

 同社によれば、Iris Pro graphics 6200を内蔵するCore i7-5775C(3.3GHz/最大3.7GHz)は、同じくTDP 65ワットの第4世代Coreである「Core i7-4790S」(Intel HD Graphics 4600)と比較して、動画変換処理で最大35%、グラフィックス性能(3DMark 11)で最大2倍高速化したという。液晶一体型PCなどでより高性能な製品の登場が期待される。

og_haswell-h001.jpg デスクトップPC向けのBroadwell-H(開発コード名)

 一方、ノートPC向けには「i7-5950HQ」「i7-5850HQ」「i7-5750HQ」「i7-5700HQ」「i5-5350H」の5製品をラインアップに加えている。いずれもTDPは45ワット。同社が公開した性能比較では、TDP 15ワットのモバイル向け第5世代CPU「Core i7-5600U」と比較して、動画変換処理で最大95%、3Dグラフィックス性能(3DMarkのFire Strike)で2倍のパフォーマンス向上を実現したとしている。

og_haswell-h002.jpg モバイルPC向けのBroadwell-H(開発コード名)

 このほか、Intel Xeon E3-1200 v4ファミリーにも、Iris Pro graphics P6300を統合したモデルが加わっている。

 各モデルの主なスペックと価格は以下の通り。

Intelが今回発表した新CPUラインアップ
デスクトップ向け新CPU
モデル名 Core i7-5775C Core i7-5775R Core i5-5675C Core i5-5675R Core i5-5575R
コア数/スレッド数 4/8 4/8 4/4 4/4 4/4
キャッシュ容量 6Mバイト 6Mバイト 4Mバイト 4Mバイト 4Mバイト
ベースクロック 3.3GHz 3.3GHz 3.1GHz 3.1GHz 2.8GHz
最大クロック 3.7GHz 3.8GHz 3.6GHz 3.6GHz 3.3GHz
グラフィックス Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200
対応ソケット LGA1150 BGA1364 LGA1150 BGA1364 BGA1364
TDP 65ワット 65ワット 65ワット 65ワット 65ワット
価格 366ドル 348ドル 276ドル 265ドル 244ドル
ノートPC向け新CPU
モデル名 Core i7-5950HQ Core i7-5850HQ Core i7-5750HQ Core i7-5700HQ Core i5-5350H
コア数/スレッド数 4/8 4/8 4/8 4/8 2/4
キャッシュ容量 6Mバイト 6Mバイト 6Mバイト 6Mバイト 4Mバイト
ベースクロック 2.9GHz 2.7GHz 2.5GHz 2.7GHz 3.0GHz
グラフィックス Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 HD graphics 5600 Iris Pro graphics 6200
TDP 47ワット 47ワット 47ワット 47ワット 47ワット
価格 623ドル 434ドル 434ドル 378ドル 289ドル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.