ニュース
» 2015年06月17日 11時30分 UPDATE

デュアル“Fiji”で最速GPUの座を奪う:E3現地で“Fiji”世代「Radeon R9 Fury X」「Radeon R9 Nano」の実物をチェックする (1/2)

米AMDが発表した次世代GPU「Radeon R9 Fury」ファミリーの姿とHBMをはじめとする新技術の概要を会場から報告する。

[本間文,ITmedia]

最上位“Fury X”は液冷ユニット標準対応に

 AMDは、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中のゲーム見本市「Electronic Entertainment Expo」(E3) 2015がスタートする6月16日、同会場の近くのBelasco Theaterにおいて、「A New Era in PC Gaming」(PCゲーミング新時代)を開催し、「High Bandwidth Memory」(HBM)を採用する新しいGPU「Radeon R9 Fury」シリーズを発表するとともに、一部製品を6月24日に市場投入することを明らかにした。

kn_furysoku_14.jpg A New Era in PC Gamingの会場となったBelasco Theater

kn_furysoku_07.jpg Radeon R9 Nanoを掲げるAMD CEOのリサ・スー氏

kn_furysoku_08.jpgkn_furysoku_09.jpg Fijiチップ。中心部がGPUで、その周りに4基搭載しているのがDRAMを4枚積層したHBMだ

 米AMD CEOのリサ・スー氏は、開発コード名“Fiji”(フィジー)と呼んできた新GPUを単一製品ではなく、ファミリーとして展開すると説明した。ファミリーのラインアップは、フラグシップモデルとして水冷システムを搭載した「Radeon R9 Fury X」、普及モデルに空冷用ファンを搭載する「Radeon R9 Fury」を用意する。米国における実売予想価格は、Radeon R9 Fury Xが649ドルで出荷開始は6月24日、同じく、Radeon R9 Furyが549ドルで、こちらは7月の市場投入を予定している。

 さらに、Fijiコアを搭載するエントリーモデルとして、カード長を6インチに抑えた「Radeon R9 Nano」を2015年の夏後半に投入することや、Fijiを2基搭載したデュアルGPUモデルを2015年中に発売し、“最速GPU”の座を奪還することも予告した。

kn_furysoku_01.jpg Fiji搭載の新GPUは2015年中に4機種を投入する計画だ

kn_furysoku_15.jpg 液冷システムを採用する新フラグシップグラフィックスカード「Radeon R9 Fury X」

kn_furysoku_02.jpg Radeon R9 Fury X搭載システム。Mini ITXフォームファクタ準拠のマザーボードと比較するとコンパクトなことがよく分かる

kn_furysoku_16.jpgkn_furysoku_17.jpg 外部電源は8ピン2基の構成だ(写真=左)。グラフィックスカードの裏にはGPUの動作状況を表示するLEDを搭載する(写真=右)

kn_furysoku_03.jpg Radeon R9 Fury Xの映像出力インタフェースは3基のDisplayPortにHDMIの構成だ。これにMSTハブを用いることで最大6画面出力が可能になる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.