ニュース
» 2015年07月04日 13時49分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:16Gキットが1万1000円切り! アキバでメモリが低価格化しているワケ (1/2)

ブランド単位で値下がりが進行しているDDR3/4メモリだが、その傾向にはまだ歯止めがかかっていない。今週末は8Gバイト×2枚キットが1万999円で買える。

[古田雄介,ITmedia]

「値下がりしていないブランドはまれな状態」――DDR3/4メモリが買いどき!

 最近はDDR3/4メモリの値下がりが際立っており、週末特価でも目を引く価格が各ショップで見られる。BUY MORE秋葉原本店は、ADATAのDDR3-1600 4Gバイト×2枚キット「ADDU1600W4G11-2」を5499円、8Gバイト×2枚キット「ADDU1600W8G11-2」を1万999円で売る(土曜日分は各20セット/1人2点まで)。

 パソコンSHOPアークは、同じくADATAのDDR4-2133 4Gバイト×2枚キット「AD4U2133W4G15-2」を1万980円、8Gバイト×2枚キット「AD4U2133W8G15-2」を2万3980円としている(土日限定)。

og_akibatokka_001.jpg BUY MORE秋葉原本店の特価POP

og_akibatokka_002.jpg パソコンSHOPアークの特価POP

 DDR3/4メモリの下落傾向は3月ごろから続いており、最近は1週間で1割近く下がるなど下げ幅が大きくなりさえしている。パソコンSHOPアークは「ブランド単位で価格改定が入ってガクンと下がるというパターンが続いています。続きすぎて、元の水準のままのブランドはもう数える程度しかないんじゃないかというくらいになっていますね」と話す。パソコンハウス東映も「円相場の影響よりもDRAMメーカーの在庫調整的な動きのほうが大きな影響を与えていると思います」と話していた。

 背景にはDRAMの世界的な余剰傾向がある。パソコンだけでなくスマホ向けのDRAMの出荷も伸び悩んでおり、DRAMメーカーが値下げに動いたというニュースは3月ごろからたびたび報じられるようになった。そして、そうした動きは現在も続いている。

 つまり、現在の傾向が続くも落ち着くもDRAMメーカーの判断によるところが大きいようだ。パソコンSHOPアークは「いつまで続くか分かりませんが、半年前に比べると相当買いやすくなっているのは確かです。増強や高速化を狙うならチャンスでしょう」と話していた。

og_akibatokka_003.jpg TSUKUMO eX.に張られたポスター。ブランド単位でガクンと値下がりしている

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.